こどもが何でも言える雰囲気、つくってますか?

こどもを伸ばす【質問】の授業。
日曜日に府中のサッカースクール、
FSCさんとコラボワークショップを開催させて頂きました♪
プロサッカー選手を夢みるこどもたちと、
そのお父さんがご参加下さり、
とても楽しい時間を過ごさせて頂きました。
今回のテーマは
夢をかなえる目標のたてかた
どんなテーマで開催するにしても、
僕が大切にしていることがあります。
それは、
どんな発言をしても、
批判されたり、バカにされたりしない
安全・安心な空間をつくることです。
ワークの中には、
自分の考えを伝える機会がたくさんあります。
その時に
人の目を気にしたり
怒られないことを目的とした意見」が
出て来てしまうのは、
とても悲しいものです。
反対に、
ここでは自分の考えを言っても
怒られたり、批判されたりしないんだ!
」と
感じてもらえれば、
大人もこどもも
自分の枠にとらわれずに、
大きく素敵な夢を語ってくれます。


子供は、親しみに満ちた雰囲気の中で育つと、生きることは楽しいことだと知る。
ドロシー・ロー・ノルト(家庭教育コンサルタント)



「あの子は自分の意見を言おうとしない」
ではなく、
その子が話しやすい雰囲気を作るって
とても大切です。
様々な方法があると思いますが、
小学生の時にやるレクリエーションのような
ゲームをたくさん取り入れるのもいいですよ♪
(僕はほとんどゲームしてる時もあります笑)
11月にも開催しますので、
ご興味ある方はぜひご一緒しましょうっ。
頂いたご感想などは、
徐々にご紹介させて頂きますね♪
ご参加頂きました皆様、
応援メッセージやコメント下さった皆様、
ありがとうございましたー。
いやー楽しかった。
話しやすい雰囲気を作っていますか?