私たちは子どもの何を知っているのか?

DSC_4231

紅茶のことを知っていれば、
自分の好みに合わせて、いま必要な香りや味を楽しめるように、

自分自身のことをより知ることによって、
望む未来へ、自分の舵を自分で取ることができます。

「10年後、どんな自分になっていたい?」

「どんなときに、幸せを感じる?」

「どんな人と一緒にいると、心地よい?」

自分に問いかけ、
自分と向き合い、
自分のことをより知ること。

「自分のことで、知っていることは何ですか?」

その問いかけの答えをノートにたくさん書き込んでみると、
改めて客観的に、自分のことを知るきっかけとなります。

そして、おなじように、
子どもたち選手の力をいまよりもさらに引き出したければ、
彼らのことをより「知る」ことが重要です。

自分のことさえ、意外と自分では知らないもの。

どんなときに幸せを感じ、
どんなときに怒りを持ち、
どんなときに悲しい気持ちになるのか。

どんな口ぐせをつぶやいていて、
どんな仕草を好み、
どんな表情で人と話しているのか。

自分を知る時間を作ると同時に、
子どもたちのことをより知る時間を
改めて作ることが大切です。

 

 

一番難しいことは自分自身を知ることであり、
一番易しいことは何もしないで助言だけ与えることである。
ータレス(ギリシャの哲学者)

 

 

僕らがよくやってしまう過ちは、
子どもたちの行動だけを見て、知ったつもりになっていること。

「彼は気が短い」
「集中力が続かない」
「やる気を感じない」

そうした行動だけで判断するのではなく、

どうしてあの時、怒りを感じたのか?
なぜ、今日は集中できないのか?
最近、やる気がない原因はなんだろう?

と、その理由を探してみること。

そして、
さらに知るために効果的なのは、
本人に実際に聞いてみることです。

「彼はどんなことを考えていますか?」
そう問いかけられた際に、

「たぶん」
「きっと…」
「おそらく」

こうした言葉が出てくる時は、
子どもたちのことを「知っている」とは言えないかもしれません。

「どんな自分になりたい?」
「最近、どんなことで困ってる?」
「今日の試合で、どんなことを感じた?」

彼らの本当の考えや感じたことは、
僕らの頭の中ではなく、彼らの中にあります。

私たちは何を知っているのか?

子どもたちに問いかけ、
彼らのことをより知ることで、
さらに彼ららしく輝く環境を整えましょう。

 

もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon