子どもの表現力はチームの空気づくりから。

スクリーンショット 2016-02-10 17.04.27

小さい頃に家族と喧嘩したときのこと。
激しく言い合った末、
そのまま重苦しい状態で食事をすると
どんな料理にもおいしさを感じませんでした

不思議なもので、
料理の味が変わったわけではないのに、

その場に立ちこめる空気が変わると
昨日おいしかった料理もおいしくないと感じるもの
です。

これは
子どもたち選手のチームに流れる
空気もおなじことがいえるかもしれません。

お互いのことを認め合い、
自分の考えを伝え、
ときには悪いことには悪いと言える
空気があるチームはどんどん成長していきます。

けれど、

「自分の意見なんて言えない…」
「失敗したら笑われちゃうし…」
「怒られたら嫌だな…」

という空気が蔓延していると、
その空気や雰囲気が子どもたちに影響を与え、
やる気を奪い、行動を妨げてしまいます。

ポジティブな空気、
言葉が人を育てる。自信を与える。
ー野村克也(野球監督)

その場の空気ひとつで、
おいしいごはんが
おいしくなくなるように、

チームの空気ひとつで、
子どもたちがその子らしく輝けなくなる
ことも
十分にありえます。

また、
僕らの脳は近くにいる人の言葉や行動に大きく影響を受けるので、
「悪い」空気を察知すると、どんどん悪い方向へ流されていってしまいます。

けれど、これは反対もおなじ。

良い空気をつくることができれば、
チームの子どもたちもちょっとずつ変化していきます。

「どんなチームだと居心地がいいだろう?」

「どんな空気だとイヤ?」

「チームでどんなルールを大切にしよう?」

「どんな空気をつくりたい?」

目には見えないけれど、
子どもたちに大きく影響している「空気」を整えて、
その子らしく輝く成長をサポートしましょう。