選手が「夢中」になっちゃう環境をつくろう。

IMG_8676

「コーチ、歴史好き?」

はじめて会った小学4年生の男の子。
BMXという自転車競技と
おなじくらい歴史が大好きで、
話が止まりません(笑)

「松本城と高島城どっちが好き?」

「この前は浦賀に行ったんだよ!
 ペリーだよ!ペリー!」

というような話から、

「織田信長って本能寺の変で
 死んでなかったって知ってる?」

というような話まで、
1時間以上に渡って話をしていました。
 

何がすごいって、
彼の目の輝きが凄いんです。

目をきらきら輝かせて話してくれるので、
聞いているこちらも嬉しくなるくらいでした。


「一生懸命」やってる人は、
「無我夢中」でやってる人に勝てない。
– 為末大

「気がついたら夕方になっていた」

というような経験が
あなたにもあるかもしれません。

「夢中」になって取り組むことが、
いまやっているスポーツの成長を助けてくれます。

そう考えてみると、
僕ら大人ができることは、

「どうすれば、
 夢中になって取り組んでもらえるのか?」

という問いの答えを考え、実践すること。

「歴史を勉強しなさい!」
と伝えても、中々勉強してくれませんが、

「どうすれば、
 歴史に夢中になるだろう?」

と自分に問いかけてみると、
違った関わりが生まれるかもしれません。

子どもたち選手はもちろん、
僕ら大人も「これが好き」というものには
強制されることなく、
自分から情報を集めようとします。

「24時間続けても
 苦でないものはなんだろう?」

「最近、どんなことに夢中になった?」

その中に隠れているヒントを
子どもたち選手と活かしましょう。



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51

  • (お客様の声/代理投稿)
    先日行われたSAQの「ジュニア指導者クリニック」で立教大学の松尾哲也先生が
    子どもたちが「夢中になる」様な指導をと話していました。