質のいい問いかけで質のいい行動を引き出そう。

4195880838_47c227e3e5.min

「今日のお昼ご飯は何を食べましたか?」

そう問いかけられると、
ついつい、今日のお昼ご飯は何だったっけ?

と、頭の中がお昼ご飯のことで
いっぱいになったかもしれません(笑)

質問をされると、
僕らはその答えをさがしはじめます。

「シュートを打つときは、
 もっとゴールキーパーの位置を
 しっかりと確認しなさい」

「シュートを打つときは、
 どんなことに気をつけたら良いと思う?」

一方的にアドバイスされた時と、
質問によって選手が自分で意識して考えるのとでは
その後に大きな違いが現れます。

そして、
より効果的な質問に変えるポイントは、

「わたしがききたいこと」だけを問いかけるのではなく、

「子どもたち選手の力を引き出す」
問いかけになっているかどうかを意識すること。

「なんでシュート外したんだ?」
「いつ宿題やるの?」

こうした僕ら大人が聞きたいだけの問いかけは
子どもたち選手にプレッシャーをかける「尋問」になりがちです。

けれど、
子どもたちの力を引き出すことを前提につくられた問いかけは、

「どうしたら良かったとおもう?」
「どうしたらやりたくなる?」

と、自然と効果的な問いかけになりやすいのが特徴です。

質のいい質問が質のいい人生をつくる
アンソニー・ロビンズ

僕ら大人も子どもたち選手も
全ての行動は「考える」という思考から始まり、
思考は「質問と回答」の組み合わせでできています。

ですので、
習慣的にしている質問の質が良ければ、
自動的に質のいい回答が生み出され、
質のいい行動や質のいいプレーを導きだしてくれます。

ぜひ、
子どもたち選手に問いかける前に、

「この問いかけは、
 選手の力を引き出すものに
 なっているだろうか?」

という視点を大切にして、
質のよい問いかけをしていきましょう!



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51