やる気と自信を育むには成長に目を向けること

306925915_58038e3332_o

「どんなところが楽しい?」

そんなしつもんをすると、
子どもたちは色んな答えを
教えてくれます。

「勝ったら楽しい!」

「もっとうまくなれたら楽しい!」

「一生懸命やったらね、
 楽しいんだよ!」

もちろん、
どんな答えも正解なのですが、
「勝ったら楽しい!」と答える選手は
ちょっと注意深く、
寄り添うことが必要かもしれません。

「勝たないと楽しくない?
 ほんとに?
 ほかにはどうしたら楽しくなるかな?」

そう問いかけても、
その子の答えは「勝たなきゃダメ!」。

これでは、
勝たないと自分を認められず、
自信ややる気を失ってしまうかも
しれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

子どもらは、
学ぶ前に勝つことを強要されている。
テッド・ベイツ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

スポーツは勝ち負けが
はっきりするもの。

だからこそ面白いし、
勝利を目指すことで
手に入れられることが
たくさんあります。

けれど、
最初は勝ち負け関係なく
楽しかったスポーツを

「勝たなければ楽しくない」

と感じるようになってしまうのは
寂しいもの。

「1ヶ月前と比べて
 どんな成長があった?」

「負けちゃったけれど、
 どんな学びがあったかな?」

勝ちを目指した上で、
一生懸命やることの楽しさや
仲間と力を合わせることの楽しさや、
自分で考えて取り組んでみることの楽しさや、
成長をすることの楽しさを
感じられる環境をつくりましょう。