考える力を引き出すために「待つ」をはじめよう。

2796824831_21e237c0e0_b.min

子どもたち選手の
自ら考えて行動できる力を
引き出すことにおいて、
大切にしていることがあります。

それは、

「どこまで待てるか?」

「どうしたら、
 もっと点をとれると思う?」

「どうしたら、
 もっとうまくなれるかな?」

はじめは問いかけると、
子どもたち選手の多くは
「わかんない」と答えることがたくさん。

そうすると、
僕らはついつい

「わかんないじゃなくて、
 ちゃんと考えろ!!」

であるとか、

「もっと自分で
 考えないとうまくならないぞ!」

と一方的に突き放してしまいがち。

そして、
親としての都合、
コーチとしての都合、
自分の都合を押し付けてしまいます。

「早くしないと
 学校に間に合わないぞ!」

「そんなことじゃ勝てない」

何時に何をしなければいけない、
という、僕らの都合を
押し付けてしまいます。

けれど、
僕らが「待つ」ことをはじめると、
子どもたち選手は自分で考え抜き、
最終的には答えを教えてくれます。

それは、

「すぐに答えなくても良い」
「最後まで待ってくれる」
「どんな答えでも応援してくれる」

という安心感が
そうさせるのかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最も偉大で、
最も強く、
最も巧みな人とは、
待つことを知っている人です。
ーアレクサンドル・デュマ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

せかさず、
じっくりと待つと
子どもたちはしっかりと答えてくれる。

「なぜ、答えを
 待てないんだろう?」

時間を見つけて、
ぜひ自分に問いかけてみましょう。

時間を見つけて、
ぜひ自分に問いかけてみましょう。

それは、
大きすぎる期待が
そうさせるのかもしれませんし、
他に理由がみつかるかも
しれません。

子どもたち選手をの力を
引き出すために、
「待つ」をはじめましょう。