「何がわからない?」に答えられる子どもは成長が早い理由

人にものを教えることはできない。
みずから気づく手助けができるだけだ。

これはガリレオ・ガリレイの言葉です。

僕たちはついつい、
子どもたちに「教えよう、教えよう」とする
思考が働きます

もちろんこれらは、

「失敗して欲しくない」
「より良くなってほしい」
「望んでいる結果を手に入れてほしい」

という、
愛情から湧き起こる自然なものだともいえます。

けれど、
「教えすぎること」による、
望まない結果もたくさんあります。

子どもたちは、
たったひとつの正解を探しはじめ
僕たち大人の顔色をうかがい、
積極的なチャレンジを控えようとしはじめます。

「なんで、教えたとおりにできないんだ?」

と怒られ続ければ、
自分で考えることをやめ、
言われたことだけをこなそうとする
思考が働きはじめます。

 

 

 

人にものを教えることはできない。
みずから気づく手助けができるだけだ。
ーガリレオ・ガリレイ

 

 

メンタルトレーニングの第一歩は「気づく」こと。

「気づき」の重要性は、
いくら強調しても、しすぎることはありません。

子どもたちも僕ら大人も、

「自分がいかに知らないか」
「自分がいかに気づいていないか」
「自分はいかに無知か」

を認識することが、
知的な成長のための第一歩です。

 

「どうすれば、より良くなると思う?」

「失敗した理由があるとすれば何だと思う?」


「10年後、どんな自分になりたい?」

人は自分のことをわかっているようで、
わからないことがたくさんあるものです。

「わたしの課題は何だろう?」

「どんな自分になりたいだろう?」

「どんなときに幸せだと感じるだろう?」

好きな食べ物や
嫌いな食べ物はすぐに思いついても、

「わたしらしい生き方は何だろう?」

という問いについては、
すぐに答えを出せないように、
自分のことでさえ、
わからないことがたくさんあります。

 

ですので、
まずは、
しつもんを通じて、自分と向き合い、
気づくきっかけをつくること。

「わたしらしさとは何だろう?」

「どんな生き方がしたいだろう?」

「わたしの長所は何だろう?」

「失敗するときの共通点は何だろう?」

「調子がいいときの前日は何をしているだろう?」

子どもたちの世界でも、
「何がわからないかをわかっている」子どもは
学習の成長が早いと言われています。

「今日の練習でわからないことは何があった?」

「うまくいったことは何?」

「練習をし直せるとしたら、どんなことに気をつける?」

「どうすれば、より良くなると思う?」

「次はどんなことを意識したい?」
 

しつもんを通じて、
子どもたちの
「何がわからないかをわからない」を減らし、
「気づく」機会をつくりましょう。

 

○この記事のポイント
・人は自分のことを知っているようで、知らないもの
・何がわからないかをわかっている人は学習の成長が早い
・しつもんで「気づきの機会」をつくろう

○この記事のしつもん
・わたしの課題は何だろう?
・どんな自分になりたいだろう?
・どんなときに幸せだと感じるだろう?

 

 

 

”しつもん”で子どものやる気を引き出しませんか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む

5shitsumon