自分らしく堂々といるために大切なこと

いつもお読み頂き、
本当にありがとうございますっ!!
本日は、子供たち選手と実践したい
自分らしく堂々といるために大切なこと
についてお伝えしますね。

自分らしく堂々といよう。



「赤い羽共同募金に
 ご協力おねがいします!!」
山形駅前でのこと。
久しぶりに募金をしました。
学生を終えた頃から
赤い羽を胸につけること自体、
何だか恥ずかしかったですし、
ちょっと偽善者のように見られるのもいやで、
嫌厭していました。
でも、
昨年ロンドンに滞在していた時のこと。
友人のスティーブが
第1次世界大戦の終戦と
戦没者の方への募金の象徴である
ポピーの花飾りを
堂々と胸につけているのを見て以来、
「僕もあんな風に
 堂々とつけたい。」
と思っていたんです。
僕らはついつい
「人からどう見られているか?」
を気にし過ぎてしまいます。
「笑われてないかな?」
「バカにされていないかな?」
「いま、笑ったのって
 僕のことで笑ったのかな?」
そうして、
ライバルや対戦相手、
ライバルチームや強豪校を
気にしすぎるあまり、
「どんな自分でありたいか?」
「どんなゴールに辿り着きたいか?」
「自分の目標は何か?」
を見失ってしまいます。
大切なこと。
それは、
自分の中での「判断基準」をもつこと。
友達や家族、
他の人が言ってるから・・
ではなく、
自分の考え、想い、
哲学をもつことが
自分の自信や
やる気、行動につながります。

 
これから問われるのは、
自分の頭で判断して、
決めること。
周りの空気、
隣の人の行動に
左右されるなんてことは
情けないことだ。
ー柳井正(ユニクロ創設者)




「バルセロナが
 やっているから」
「スペインが
 やっているから」
ではなく、
自分の中で、
チームの中で
判断基準をつくりましょう。
心がわくわくする選択をする。
笑顔であること。
自分らしくあること。
常に難しい決断をする。
心がときめくこと。
 ・
 ・
 ・
どんなものでも
まず判断の基準をつくって
やってみる。
やってみて違和感を感じたら
やめればいいですし、
そうやってどんどん
削ぎ落として行くことが大切です。
子供たち選手と
ブレない判断基準をつくりましょう。
>>> どんな基準を大切にしていますか?




お知らせ


 
子どもたち選手の力を引き出す記事を
 お手元にお届けします。
 ご登録は下記からお願いします。ありがとうございます!
 
  パソコンの方は
こちらからどうぞ。 (携帯の方はこちらから)

クリックで応援お願いしますっ。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ