プレッシャーは「もし〜だったら?」で和らげよう。

DSC_3695

初めてのことや、
想像したこともない状況に出会うと、
僕らの頭の中はパニックを起こします。

「どうしたらいいんだ!」

と、興奮状態に陥り、
思考や行動が停止し、調子を崩してしまいます。
 
子どもたち選手が緊張に
押しつぶされそうになっているときは、
まさしく同じようなパニック状態に陥っているかもしれません。

頭の中が真っ白になったり、
調子を崩しても、すぐに立ち直ることができれば良いのですが、

何も対処できないと、
本来持っている力の半分も発揮できないかもしれません。
 
 
 
 
 

不測の事態に備えよ。
ー リンカーン

 
 
 
 

プレッシャーに押しつぶされないための
1つのヒントは、不測の事態に備えること
 
そのために、まずできる簡単な方法は、
「もし〜だったら?」と質問することです。
 
 
「もし〜だったら?」と、
問いかけて不測の事態をイメージしてみましょう。
 

「もし、負けちゃうとしたら、何が原因だろう?」
 
「もし、ミスしてしまうとしたら、どんなことが考えられるだろう?」
 
「もし、終了5分前で負けていたら、どんな気持ちになるだろう?」

 
プレッシャーに直面する前に、
対策やアイデアをイメージする時間を作りましょう。

.
.
.

もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」