緊張は「事前のイメージ」で和らげよう。

_1050275

大きな舞台になればなるほど、
緊張感は大きくなるものです。

普段のトレーニング
練習試合
公式戦
全国大会
全国大会決勝
世界大会

暗闇を一人で歩けば、
不安で足を踏み出すのも強いように、
未知のことには誰だって不安になり、
心の余裕がなくなってしまいます。

その舞台に立たなければ、本当の経験はできません。
6万人のスタジアムでプレーしてみないと、
自分がどんなに緊張するかはわからないものです。

けれど、頭を働かせて、
ある程度の想像をすることはできます
し、

イメージや疑似体験を通じて、
想定外を少なくしていくことで、
心に余裕をつくることもできます。


プレッシャーはかかる。
どうしたってかかる。
逃げられない。
なら、いっそのことプレッシャーをかけようと。
ー イチロー

6万人のスタジアムに足を運んでみる。

実際の体験談を聞いてみる。

わざと大音量の音楽をかけて、トレーニングしてみる。

負けている時の、自分をイメージしてみる。

「勝ちたい」

本気だから緊張します。

だからこそ、
普段からプレッシャーや緊張の度合いを高め、
想像も含めて触れる機会を増やしてみましょう。

例えば、
大勢の観客の中でプレーする選手に
魂だけが乗り移ったイメージをして、
ピッチからスタンドを眺めてみる。

「何が見える?」

「何が聞こえる?」

「何を感じる?」

選手と想像力を働かせて、
いざ、という時の心の余裕を作りましょう。

◎想像力が働くしつもん

・いま、あの選手は何を考えていると思う?
・緊張するとしたら何が原因だろう?
・6万人の中でプレーしたら、どんな気持ち?