「してほしいこと」は「理由」を添えて伝えよう。

DSC_2628

子どもたち選手はもちろん、
人に自分の思いや考えを伝え、行動を起こしてほしい時は、
その裏にあるストーリーや背景を伝えることがとても大切です。

「どうして?」という質問の答え
必要とも言えるかもしれません。

「いいから言われた通りにやりなさい」

では、目の前の人のやる気を引き出すばかりか、
反対にやる気を奪ってしまいますし、

「なんで、これをやらないといけないの?」
という質問の答えが「なんでも!」では、
子どもたちも「大人はなんて理不尽なんだ」と納得がいきませんよね。


「何々をせよ」と指示したら、必ずそうすることの理由も伝える。
「これがルールです」「これは禁止されています」と
頭ごなしに言うより、学習効果はずっと高いはずだ。
ー 見舘好隆(北九州市立大学キャリアセンター准教授)

例えば、
「どうして勉強しなくちゃいけないの?」
と子どもから聞かれたらどうでしょう。

いい学校に行くため?
いい仕事に就くため?
自由な選択を得られるようになるため?

自分だったら、
どんな考えを伝えるでしょう?

僕たちも仕事の上司から
「いいからやりなさい」と頭ごなしに言われたら、
ムッとしてしまうように、

「やってほしいこと」や
「やってはいけないこと」
を伝えるのと同時に、
その「理由」も一緒に伝えることが大切です。

そうすることによって、
子どもたちは「やる理由」を自分の心に持ちながら
行動を起こすことができます。

「宿題しなさい」
「練習しなさい」
「残さず食べなさい」

子どもたち選手に行動を起こしてほしい時は、
「どうして?」という理由を一緒に伝えましょう。

.
.
.

もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。