「しつもんでほめる」をはじめよう。

DSC_4586

子どもたち選手の
できていることを認め、
うまくいったことをほめてあげることで、
選手の自尊心が育まれ、
自分の行動や考えに誇りや自信を
持てるようになります。

ゴールに向かってビュン!

と、一直線に突き刺さった
ゴールを決めた選手に対し、
どんな言葉でほめてあげますか?

「ナイスシュート!」
「あのシュートすごかったね!」

選手のやる気や
自信を育むような
言葉を伝えられたらいいですよね。

そして、
ちょっと余裕がある方は

「しつもんでほめる」

ということを
してみてください。

「あんなすごいゴール
 どうやったら決められるの?」

「あんなゴールを決められるようになる
 秘密は何?」

嬉しそうに話しだす、
子どもたち選手の顔が浮かんできませんか?

ほめ上手は、観察上手。
一人ひとりの部下の持ち味や長所、
そして細かい成長を見逃さずにいたいものです。
ー本間正人

「1ヶ月前に比べて、
 イライラすることが少なくなったの!」

という女の子。

「すごいね!僕は大人になっても
 イライラしちゃうのに!
 どうしたらそうなれるの?」

と、(本心から 笑)しつもんすると、
それはね…と誇らしげに教えてくれました。

しつもんを使ってほめることで、
できるのに役立った
子どもたち選手の行動や考えを
引き出すことができます。

子どもたち選手の
すでにやっていることに興味をもち、
しつもんを活用してほめる
をはじめましょう。