「しつもんでほめる」をはじめよう。

DSC_4586

子どもたち選手の
できていることを認め、
うまくいったことをほめてあげることで、
選手の自尊心が育まれ、
自分の行動や考えに誇りや自信を
持てるようになります。

ゴールに向かってビュン!

と、一直線に突き刺さった
ゴールを決めた選手に対し、
どんな言葉でほめてあげますか?

「ナイスシュート!」
「あのシュートすごかったね!」

選手のやる気や
自信を育むような
言葉を伝えられたらいいですよね。

そして、
ちょっと余裕がある方は

「しつもんでほめる」

ということを
してみてください。

「あんなすごいゴール
 どうやったら決められるの?」

「あんなゴールを決められるようになる
 秘密は何?」

嬉しそうに話しだす、
子どもたち選手の顔が浮かんできませんか?

ほめ上手は、観察上手。
一人ひとりの部下の持ち味や長所、
そして細かい成長を見逃さずにいたいものです。
ー本間正人

「1ヶ月前に比べて、
 イライラすることが少なくなったの!」

という女の子。

「すごいね!僕は大人になっても
 イライラしちゃうのに!
 どうしたらそうなれるの?」

と、(本心から 笑)しつもんすると、
それはね…と誇らしげに教えてくれました。

しつもんを使ってほめることで、
できるのに役立った
子どもたち選手の行動や考えを
引き出すことができます。

子どもたち選手の
すでにやっていることに興味をもち、
しつもんを活用してほめる
をはじめましょう。



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51

  • (お客様の声/代理投稿)
    これ、明らさまに褒めることが効かなくなった高学年にも、効果が期待できそうです!
    対等に個人として、会話をして褒めることも出来ますね。
    大人同士のコミュニケーションにもよさそう。
    目から鱗でした!

  • (お客様の声/代理投稿)
    ゴールとか、パスは質問で褒めてますね。
    「あのゴール、回り見えてたの?すごかったね。○○くんも上がってたけど…」とか、最近顔を上げて回りを見れるようになりつつあるので、サッカーでは、出来ていますが、日常生活で出来ているかと言われたら、「…。」(笑)

  • (お客様の声/代理投稿)
    藤代さん、いつもありがとうございます!
    1ヶ月前に比べてイライラしなくなった女の子、

    その答えの続きが知りたいです〜!