試合までの過ごし方をイメージして、緊張を和らげよう。

DPP_283

大会が近づけば、
できることは限られてきます。

練習できる日数も、
トレーニング量も。

けれど、
そんなときに限って
不安がやってくることも
少なくありませんよね。

「あれだけやったんだから大丈夫」

そう思う自分と、「本当に大丈夫?」と
不安を煽ってくる自分がいます。

もし、
不安を少しでも感じているのなら、
そのままにしておくよりも、
しっかりと不安と向き合っておくことが、
本番の緊張を和らげてくれます。

まずは

「不安に思っていることは何だろう?」

と、問いかけて、
その答えを書き出してみましょう。

不安を書き出し、
整理してみて、
自分の不安と向き合うだけでも
効果を実感できるはずです。

そして、
さらにやりたいのは、
本番までのイメージをすること。

試合中のイメージをするのと同時に、
朝起きてから試合までの
イメージをすることで、
不安を和らげることができます。

タイムアップの笛は、
次の試合へのキックオフの笛である。
ー デットマール・クラマー

「試合がはじまるときに、
 どんな気持ちになっていたら最高だろう?」

その気持ちを得るための朝からの行動を
ドラマのシナリオのように書き出してみます。

朝は何時ころに起きよう?
起きたら何をしようか?
朝食はどんなものを食べる?
どんな気持ちで食べよう?
家を出るときはどんな気持ち?
会場につくのは何時ころ?
どんな気持ちで到着する?
コーチにはどんなあいさつをしよう?
 ・
 ・
 ・

できるだけ
具体的に考えることができれば、
あとはそれを実行するだけ。

しっかりとこれができれば、
本番がうまくいく。

試合がはじまるときの
最高の状態をつくりあげられる。

そんなイメージをつくるのが
ポイントです。

子どもたち選手と一緒に、
1日の行動をイメージして、
不安を和らげ、力を発揮しましょう。