相手の「リズム」で信頼関係を築こう。

試合ではいかに自分のペースで状況を作れるか、
物事を進めていけるかが大切ですよね。

ピッチャーは
投球のリズムがありますし、
バッターには
バッティングのリズムがあります。

反対にいうと、
相手のリズムやペースを崩すことが
結果につながるともいえるかもしれません。

一方で、目の前の人や選手と、
より信頼関係を築きたいと感じたときは、

ペースやリズムを
自分ではなく相手に合わせること
ポイントです。

相手の話す速さやリズム、
テンポや身振り、
呼吸を観察し、
そのペースに合わせることで
空気をつくることができます。

気配りでしょ。
基本が信頼関係。
思いやり、気遣いがあれば、
伴走はすぐ、うまくなります。
ー鈴木邦雄(伴走の神様)

選手が驚いていたら、
一緒に驚いてみる。

怖がっていたら
一緒に怖がってみる。

そうして、
相手に興味を持ち、
心を寄せることで、

「この人は信頼できる人だ」

「この人は
 自分のことをわかってくれる」

と、感じてもらえるかもしれません。

あ、でも嘘はいけませんよ(笑)

相手の心に興味を持って関わることで、
より良い信頼関係を築きましょう。



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51

  • (お客様の声/代理投稿)
    相手のリズムに合わせる。大切な事ですね。
    でも、最後の下りがいいですね。

    嘘はいけない。

    いくら、相手に合わせても、嘘をついてまではいかんですね。

    ありがとうございます。