考える力は、まずその機会をあげること。

5537231554_e6d57d84d3_b

「考える機会を奪っちゃうから」

子どもたちに
考える力を養うクイズに
向き合ってもらうことがあります。

例えば、

9つの点を
4本の直線で一筆書きに
全てを通過する

というものであったり、

マッチ棒で100と
描かれている棒を
2本動かしてネコにしてね

だったりと、
たくさんとクイズが
あるのですが、

その中で、
答えがわかった選手に
大切にしてもらっていることが
あります。

それは、
まだ答えのわからない
他の選手に答えを教えないこと。

一人でもわかった選手がいると
「教えて」とたくさんの選手が
つめかけます。

けれど、そこですぐに
答えを教えてあげてしまっては、
他の選手の考える機会を
奪ってしまうことになります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

失敗や未熟さを指摘してはいけない。
できないからといって
取り上げてもいけない。
相手の勇気を奪ってしまうからだ。
自ら困難を克服する機会を
奪ってしまうのだ。
ーアルフレッド・アドラー

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

クイズをやる目的は、
正解を答えることではなく、
正解に近づけるために
自分で考えてみること。

こうした経験を通じて、
考えることの楽しさや、
大切さを感じてほしいと
思っています。

答えがわかることだけを
目的にしていないからこそ、
子どもたち選手も納得して、
(でもうーんと顔を歪めながら)
考えています。

子どもたち選手と一緒に
考える機会をつくりましょう。

P.S.
ちなみに有名な9つの点のクイズは
こちらからできますよ!
http://www.sakaiku.jp/column/thought/2015/008582.html



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51

  • Guest

    クイズの目的が、正解に近づけるために
    自分で考えてみること。

    すごく、いいです。
    おおいに、共感します。

    早速、使わせていただきます。

    ありがとうございます。