目標に向けてチームの「温度」を調節しよう。

2600464770_c49cc3f425_b

チームで目標に向かっていくためには、
「温度」の調節が大切。

「目標を絶対に達成したい!」という選手がいる一方で、
「別にすぐ負けたっていいよ」という選手がいたのでは、
うまくいくものもうまくいかなくなってしまいます。

チーム内に温度差があると、
一生懸命やろうとしている人の
やる気が消えてしまうこともあるかもしれません。

これは、
選手だけでなく、コーチや監督、
保護者の方にもおなじことがいえます。

いくら選手達の温度が保たれていても、
僕ら大人の温度が熱すぎたり、
また反対に冷えきってしまっていては、
チームに大きな影響を与えます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

組織の温度を上げるには、
人と人とのつながりが重要です。
つながることで私も会社も温度を
上げていきます。
尾平泰一(カシオヒューマンシステムズ社長)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

チームの温度を調整する方法は
お互いの考えを知る時間をつくること。

どんな思いで練習に望んでいるのか。
どんな気持ちで応援しているのか。

「本人が察するまで待つ」のではなく、
しっかりと時間とエネルギーをかけて
伝え合い、歩み寄ることが重要です。

「どこまで行けたら最高だろう?」

「実現するために、何をしよう?」

「応援できることは何がある?」

「どれくらいの熱さが僕たちらしいかな?」

子どもたち選手、
そして僕ら大人が力をあわせて、
チームの体温を保ちましょう。



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51

  • Guest

    ベクトルを合わせる。という事と捉えました。

    ベクトルを温度差と表現することも、有りですね。

    表現を色々変えて、分かりやすく伝える努力は、惜しまないようにします。