「やらなきゃいけないこと」は伝え方が大切

アイメッセージ のコピー

うちの子は、
サッカーは進んでやるのですが、
お手伝いや宿題をまったくやらなくて
困ってるんです」

お手伝いや宿題、勉強に対して

「やらなきゃ」を「やりたい」

に変えることができれば、
子どもたちはサッカー同様、
「やめなさい!」と
言われるまで続けます。

けれど、
そうした環境をつくるのは
すぐには難しいですよね。

なので、
まず実践したいのが、
主語を「わたし」に変えること。

僕らはついつい
主語を子どもたちにした
「Youメッセージ」で
伝えてしまいがち。

「(あなたは)
なんで宿題しないの!?」

「(お前は)
こんな時間まで何してたんだ?」

「(お前は)
なんであそこで外したんだ?」

これでは、子どもたちは
「お前が悪い」というように、
非難されていると感じてしまいます。

大切なこと。

それは、
主語を「あなた」ではなく、
「わたし」で伝えること。

こうなったらいいなという未来と、
それが現実になったときの
感情を一緒に伝えてあげることが
大切です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

人が意見に反対するときは、
だいたいその伝え方が
気に食わないときである。
ーニーチェ(哲学者)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コーチ時代、
練習中の合間に休憩する時は、
子どもたちにボールをカゴの中に
しまってもらっていました。

今までは

「休憩する選手は
ボールをカゴの中にしまっておいてね」

と伝えていたんです。

すると、
ボールをカゴの中にしまってくれる
選手はちらほら。

自分が使っていなかったボールは
コートに点々としています。

そこで、
主語を「私」に変えて伝えてみました。

「みんなが休憩前に
ボールをカゴにしまってくれると、
次の練習の準備に早く取りかかれて、
(僕は)とっても嬉しいんだ」

するとどうでしょう。

それを聞いた子どもたちの多くが
ボールをカゴにいれて
休憩しに行ったのです。

中には自分のボールだけでなく、
コートに置き去りにされたボールを
わざわざ拾ってまで
運んできてくれました。

伝え方が変わるだけで
こんなにも変化があるのだと
実感できた瞬間だったんです。

もちろんボールを受け取る時の
僕の顔はいうまでもありません(笑)

伝え方を意識するだけで、
行動に変化が訪れます。

主語を「あなた」ではなく
「わたし」に変えて伝えましょう。



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51

  • Guest

    そうですね。言い方次第で、相手は強制、もしくは命令と感じてしまいます。
    心に火を点ける言い方が大切です。
    丁度、社内の女性が子供が入試があるのに言ってもやらないと言ってます。

    活用させていただきます。