「今日はどんな失敗があった?」と問いかけよう

 

人は
「できていること」よりも、
「できていないこと」に、
ついつい意識が向いてしまう生き物です。

 

  • 「なんでミスしたんだ!」
  • 「あと10点で、100点だったのに」
  • 「ゴール前で転ばなければ一等賞だったのに」

 

という人はたくさんいても、

 

  • 「ミスをするということはチャレンジした証だね」
  • 「90点もとれたんだ!成長したね!」
  • 「ゴール前まで素晴らしい走りで感動したよ!」

 

と、
できていることを見つけるためには、
伝えることはなかなか難しいもので、

うまくいっていることや
成長を見つけることよりも、
ミスや失敗を見つけることの方が簡単なのです。

 

 

一度も失敗をしたことがない人は、
何も新しいことに挑戦したことがない人である
ーアインシュタイン

 

 

あるコーチは
試合が終わった後に、
選手へこう問いかけるといいます。

 

 

「今日はどんな失敗があった?」

 

失敗を聞かれると、
あとで怒られるんじゃないかと、
不安に思う選手もいます。

 

けれど、
このチームの選手たちは、

どんどんと
自分のミスを発言し、
お互いを認め合っている
のです。

 

失敗は挑戦の裏返し。

 

新しいことに
挑戦しなければ、
失敗することはありませんが、
成長することもできません。

 

今日はどんな失敗があった?

 

子どもたちと、
失敗を歓迎する環境をつくりましょう。

 

しつもん

  • 今日はどんな失敗があった?
  • どんな新しいことにチャレンジした?

 

 

ポイント

  • 新しいことに挑戦するからこそ失敗がある
  • 人は失敗から本当に大切なことを学ぶ
  • 他人の失敗を自分の力に変える