トップ> コラム> 「できるかどうか」より「やりたいかどうか」

「できるかどうか」より「やりたいかどうか」

DSC_4853

「で、どうしたいんだっけ?」

僕は小さい頃、サッカー選手になりたい!
と夢をもつと同時にアナウンサーになりたいと思っていました。

アナウンサーの綺麗な言葉づかいと綺麗な姿勢、
外交的な華やかな見た目に憧れていたのかもしれません。

けれど、
ろくに調べもせずに、

「狭き門らしい・・」
「研修が厳しいらしい・・」
「僕にはムリかも・・」

と、
チャレンジする前から諦めてしまったことを
覚えています。
 
 
 

子どもたち選手も

「日本代表のサッカー選手になりたい」
「今度の大会で優勝したい」
「地域の選抜選手に選ばれたい」

「でも、難しそうだな・・・」
「いまの私じゃムリかも・・」
「やり方わからないし・・」
「失敗するかも・・・」

やる前、
目指す前から諦めてしまう選手もいます。

 
「こうなりたい!!!」を
決めた後に大切にしたいこと。

 
 
それは、
「やれるかどうか」ではなく「やりたいかどうか」
 
 
頭で考えると、
ついつい、言い訳やできない理由ばかりを見つかりがち。

けれど、
「やりたいかどうか」は心が決めるもの。
 
 
自分の心が強くそれを求めるなら、
「やる」と決めることが大切。

「やる!やってやる!!」と決めれば、
できるようになるための手段は自然と見つかります。

 
 
 
 
 
 

どんなことでも、
実現したいと強く願うなら、必ずどこかに解決策がある。
僕はそう信じて、いつも突破口を探しながら挑戦してきました。
夢ってそうすることでかなえられていくものだと思うから。
やりたいことがあれば、自分を信じて、怖れずにやってみればいい。

「ノーアタック、ノーチャンス」。

僕はこの言葉をいつも信条にしています。
ー 佐藤琢磨(F1ドライバー)

 
 
 
 
 
 
本当はやりたいのに蓋をして見ないようにしては
心にストレスが溜まるばかりか、
毎日がつまらなくなってしまうかもしれません。

正解や不正解。
成功や失敗ではなく、

やりたいか、
やりたくないのか。

1度きりの人生。
最後の言葉が「最高の人生だった!」
と笑って言える1日の積み重ねにしたい。

自分の想いにブレーキをかけず、
やりたいことに向き合うことを
大切にしましょう。

.
.
.

もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」

2016.03.06
いいな!と思ったらシェアしてもらえると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 1 follow us in feedly
  • LINEで送る
★ メルマガ好評配信中 ★
名 
メールアドレス
都道府県
メール形式 PC・スマートフォン
携帯電話

  • ニュース
  • コラム
  • お客様の声
  • レポート
  • おすすめ商品
  • 研修・講演

インストラクター養成講座

なりたい自分になる

オンラインストア

作戦会議

MIZUNO ZONE LAB

サカイク掲載記事まとめ

★ facebook ★
★ Twitter ★