子どもたち選手と「こだわり」を自信にかえよう。

_1050267

「世界のどの監督よりも選手達とコミュニケーションをとっています」

どんなかたちでも「これは一番」とこだわれるものがあると、
自信をもって取り組めるようになります。

「ドリブルなら一番」
「ボールを止めることなら誰にも負けない」
「守備なら任せて」

それは技術のことじゃなくたって、
そこに向けたエネルギーや時間が自信に代わります。

「日本で一番、選手だけで話し合った!」
「整理整頓にはどこのチームよりもこだわっている!
「練習日誌を書いてる量は一番だと思えるくらい!」


世界のどの監督よりも
選手達とコミュニケーションをとっています。
ー眞鍋政義(日本代表女子バレーボール監督

あれができたんだから、
これだってできるはず。

自信とは不思議なもので、
「国語ができるんだから、社会もいけるかも」
といったように、
1つのもので自信が芽生えると、
他のものにまで火をつけてくれます。

「まずは、何で1番になりたい?」
「最近、こだわってることは何かある?」

すぐに1番になることはできません。

けれど、毎日意識することで、少しずつ、
けれど着実に1番に近づくことができます。

子どもたち選手と一緒に
「こだわり」を磨いて行きましょう。

>>> ブログの記事をダウンロードできます(PDF)