行動の目標は小さくはじめよう。

DSC_4601

「県で優勝したい」
「地域の選抜に選ばれたい」
「あと5キロダイエットしたい」

目標が見つかったときに
はじめたいこと。

それは、
ちいさくはじめること。

僕ら大人も子どもたち選手も
目標が見つかると、
一気にそこに向かって
大きく駆け出したくなります。

「県で優勝するために
 1日3時間自主練する!」

「ごはんは毎回5杯おかわりする」

「今日から毎日10キロ
 走りたいと思います」

目標が見つかったときは、
やる気がとても高い状態。

なので、
どんなことも自分には
実現できると感じています。

けれど、
多くの子どもたちが
3日坊主で物事を諦めてしまったり、

自分で決めたことも
できなくなってしまうのは、
この「行動の目標」が大きすぎるから。

階段を登る時に、
一気にジャンプして登ることもできますが、
バランスを崩して
怪我をしてしまう危険性も同時に
増してしまいます。

また、
1歩ずつ確実に登るよりも、
継続することが難しいかもしれません。

怪我をせずに、
続けて着実に上に登るまでは
1段1段登って行くことが大切です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
行動を起こせば、
多少なりとも状況を変えることができる。
たとえ小さくても一歩を踏み出せば、
前向きの結果を生み出すための算段もできる。
– ロベルタ・シェラー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

選手の
行動目標が大きすぎて
ほんとにできるかな?
大丈夫かな?と不安に感じた時は、

「どう?できそう?」

と問いかけてみましょう。

選手も客観的に自分を
見つめるきっかけがあると、
冷静に目標を考えることができます。

たとえ小さな行動でも
積み重ねることで
変化を起こすことができます。

けれど、
いくら頭で考えても、
行動を起こさなければ
変化を起こすことができません。

子どもたち選手と一緒に、
行動の目標を小さく小さくしましょう。



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51