子どもたちのやる気は「困った!」を発見した時に生まれる。

8553917830_1b09fc3b14_b

日本人成人の読書量は、
月に1冊という成人が最も多く約30%、
全く本を読まない成人も約25%いるそうです。
 

僕たちは、
どんなときに本を読もうと思うんでしょう?
 

友人は
読書量が多い方ではないのですが、
一時期、図書館から借りた本が
ボロボロになるほどに読み込んでいました。
 
 

結婚式でスピーチを依頼され、
「これは困った!」とお尻に火がついたそうです。
 
 
この「困った」が僕らの意識の表面に浮き上がったときに、
「勉強しよう」「練習しよう」という気持ち
生まれます。

たしかに、
子どもたち選手も、

「もっといい選手になりたい」
「もっといい結果を残したい」
「負けちゃって悔しい…」

目の前に浮かんで来た
「困った(課題)」が見つかると、
やる気に火がつき、練習に取り組む姿勢も変わります。
 
 
反対に、
この「困った」が表面化してこないと
なんだか練習でも上の空。
 
 
練習の目的も意図を
僕ら大人がしっかり伝えても、
右から左へすり抜けて行ってしまいます。

 
 
 
 
 
 

なんといっても己を知ること。
いまの自分には何が足りないのか、どこが弱いのか。
こうしたことを正しく認識することが極めて重要です。
– 野村克也

 
 
 
 
 
 

大切なことは、
僕ら大人の「こうなってほしい」という
期待だけを伝えるのではなく、(期待を伝えるのは大事ですよ)

子どもたち選手が
何に困っているかを知ること。

困っていることを知らずに
「こうしなさい、ああしなさい」と伝えても、
子どもたちの心は動きません。

子どもたちが困っていることは何だろう?
 
どうすれば、
それを解決するサポートができるだろう?

 
子どもたち自らが
自分の課題や困っていることを知り、
向き合うことが大切です。

お腹いっぱいの人に、
料理をたくさんご馳走してもあまり喜んでくれないように、

課題を認識していない選手に
トレーニングメニューだけ与えても、
あまり喜んでくれません。

 
 
選手の困っていることを
解決するサポートをすることが、
子どもたちのやる気にもつながります。

 
 

子どもたち選手の
困っていることを知り、
解決するサポートをしましょう。

 
 
 
 

.
.
.

もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」

  • Guest

    子どもたち選手が
    何に困っているかを知ること。

    困っていることを知らずに
    こうしなさい、
    ああしなさいと伝えても、
    子どもたちの心は動きません。

    子どもたちが
    困っていることは何だろう?

    どうすれば、
    それを解決するサポートができるだろう?

    子どもたち自らが
    自分の課題や困っていることを知り、
    向き合うことが大切です。

    そのとおりですね。。困難を乗り越えて、また、一つ上へと成長
    していくんですね。

    いま、振り返ってみると、私は困難に出会っても逃げてばかりで・・・
    だから、こんな風になっちゃったのかな。と後悔しています。

    子供たちは、逃げる子にならないように・・・。一緒に困難に立ち向かっていきたいです。

  • 今回は、難しいテーマです。
    子ども達の困っていること。うまく引き出せるか、不安だらけです。

    引き出せたとしても、対処できるか。

    でも、先ずは聞いてあげて、寄り添うことから始めます。

    ありがとうございます。