大切な試合で負けた後、どんな言葉をかけよう?

「大切な大会で負けた後、
 どんな言葉をかけてあげたらいいんですか?」

目標にしていた大切な大会で負けてしまったとき。
試合に出ることも叶わずに大会を終えたとき。
子ども自身のミスで試合に負けてしまったとき。

子どもたち選手にどんな声をかけますか?

「大丈夫」
「まだ終わったわけじゃないよ」
「よくやったよ」

どんな言葉が良くて、
どんな言葉が悪いのでしょう。

正直なところ、
それは誰にもわかりません。

ときに、
言葉をかけるのではなく、
そばに寄り添うことも一つだとも感じます。

言葉を届けるとするならば、
ひとつだけ
考えたいことがあります。

 

それは、
「これは誰のための言葉だろう?」
ということです。

 

自分を基準とした、
自分が伝えたいだけの言葉なのか。

 

それとも、
子どもたち選手のことを思い、
彼らの思いを汲み取り、

考え抜いた末の言葉なのか。

「どんな言葉をかけるか?」

よりもそうした気持ちや思い、
伝えるときの姿勢が
子どもたち選手に届くのかもしれません。

 

「本当にオレはそう思っているか?」と、
自分に問いかけて伝えるくらいの重みのある言葉は、
必ず言葉の意味以上のものを伝えてくれる。
ー岡田武史(元日本代表サッカー監督)

 

「何を言おう?」

ではなく、

「子どもたち選手はどんな気持ちになりたいだろう?」
「どんな言葉を伝えてほしいだろう?」
「どんな言葉を期待しているだろう?」

子どもたち選手の立場にたって、
紡ぎだした言葉であれば、必ず心に届くはず。

自分が伝えたい言葉、だけでなく、
子どもたち選手に寄り添う言葉を届けましょう。

 

 

 

 

もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon