女子高生がぼやく合宿への不満。

目的を伝える

「ってかさ!!
 合宿の前日、休みなんだけど!
 意味なくない?
 練習時間増やすのが目的でしょ?」

「たしかにー!
 ありえないよね!」

食事をしていると、
隣に座っていた女子高生5名の
テーブルから、
合宿に対する不満がきこえてきました。

合宿は練習時間を増やすことが
大切なはずなのに、
その前日に休んでどうするんだ、と
女子高生たちは顔を赤めています。

前日が休みになったことや、
合宿の目的は、
その部活や先生、
コーチによって考えが違うので、
何とも言えませんが、

その考えを共有できていないのは
ちょっと問題かもしれません。

僕らはついつい
「言わなくてもわかるでしょ」と
考えてしまいがち。

たしかに、
コミュニケーションの量と質を上げ、
阿吽の呼吸を生み出せるほど
素晴らしいことはありませんが、

そうした信頼関係を築く努力をせずに、

「言わなくてもわかるだろ?
 自分で考えろ」

では、
ちょっと寂しいかもしれません。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

情報共有がキチッとできていれば、
どんな組織でも間違いなく、
力を2倍も3倍も発揮できるのです。
ー塚本隆史(みずほ銀行頭取)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「寝食を共にすることで、
 普段できない経験を一緒にしたい」

「家を離れ、自立した選手に
 なるための一歩」

「大会前の調整」

など、
合宿にもいろんな目的がありますし、
前日を休みにする目的も
様々な理由がありますよね。

その理由をしっかりと
伝えてあげることが大切です。

また、
子どもたちに目的を聞いてみるのも
いいかもしれません。

「合宿が終わったときに
 どうなっていたら最高?」

「合宿でどんな成長をしたい?」

その成長を助けるための合宿だよ。
でも、ちょっといつもよりハードだから
前日はしっかり休んできてね。

と伝えると、
彼女たちのような不満の声も
なかったかもしれません。

「なぜ、合宿に行くのだろう?」

子どもたち選手と一緒に
目的を改めて確認しましょう。


もうお試しになりましたか?
「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
をプレゼントしております。

こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51