決意を行動に変えるしつもん。

 

僕は本を読むとやる気がでます。

特にここ1・2年は
スポーツ関連の書籍が目白押し。

買っても買っても
次から次にたくさんの
書籍が本屋さんに並んでいます。

本を読んで
知識をインプットし、
知識をアウトプットしたときのことを
イメージしてみる。

そうすることで
モチベーションがあがります。

けれど、
イメージするだけでは
何も変わりませんよね。

本当に大切なことは
学びを活かし、
どんな行動を起こすか。

 

5羽のカモメが防波堤に
止まっている。
そのうちの1羽が飛び立つ事を
決意した。
残っているのは何羽だい?
答えは5羽だよ。
いいかい?誤解されがちだが、
決意そのものには何の力もないんだ。
ー アンディ・アンドルーズ

 

僕ら大人や指導者の役割は
いかに子供たち選手の力を引き出せる
環境をつくれるかどうか。

「これやりたい!」

「こうしてみたい!」

いかに子供たちの
心の内側からこみあげる
行動を起こすきっかけを
つくれるかが問われます。

本を読んでやる気がでた。

プロの試合を観戦して興奮した。

どんなことを学んで
どんな行動に移すかが
すごく大切。

「今日はどんなことを学んだ?」

「じゃあ、
 次回はその学びを生かして
 できることは何かな?」

「あー楽しかった!!」

で終わらせず、
学びを行動に変えましょう。

行動するきっかけを
子ども達にあげましょう。

>>>学びを行動に変えていますか?

>>> ブログの記事をダウンロードできます(PDF)