横浜の小学生170人に質問の授業をさせて頂きました!

小学生からのメンタルトレーニング
今日は横浜市の小学5・6年生170名に
なりたい自分になる魔法の質問」と題して、
2時間の授業に。
なんと、
総勢15名もの
魔法の質問キッズインストラクターの方々が
サポートに入って下さって、
とても素晴らしい時間
過ごすことができました。

僕らも
子ども達もついつい、

こんなの無理だよー。

と、
自分で勝手に制限をつけて

しまいがち。
けれど、
制限や枠をとっぱらって
考えることで、
出てくるアイデアの
質がかわってきます。

なんでも叶えられるとしたら、何をしたい?


叶えたい夢や、
達成したい目標、
行きたい所や
欲しいものなどを
たくさん、
たくさん書き出すワーク。
髪を長く伸ばして、
笑顔がかわいい
小学5年生の女の子に
しつもんしてみました。
「なんでも叶えられるとしたら、
 何がしたい?」
「お父さんと、お母さんに
 ずっと生きていて欲しい」
「どうして、そう思うの?」
「だって、もっとお話したいし、
 相談もたくさんしたいから」
「そっか。
 お父さんとお母さんがいなくなったら、
 悲しいもんね。
 仮に、いなくなっちゃうとしたら、
 今から何をしたいと思う?」
「今日から、今よりももっともっと
 お話したいと思う」
子ども達は
しつもんに対して、
最初は表面的な答え
書く子が多いです。
けれど、
僕らから心を開いて
同じ目線に立って
「どんな答えでもいいんだよ」

「なにを書いたって大丈夫」

と言葉と表情で
伝え続けることで、
答えの
その先の答え
教えてくれます。
今日も子ども達から
本当に素敵な学びを
もらいました。
やっぱり僕ら大人が
その場を楽しみ
心を開いて接することの
大切さを
再認識しましたっ。
いやー
楽しかったー。
>>> 同じ目線を意識していますか?

お知らせ 

 
プレゼントつきメールマガジンのご登録はこちらからどうぞ!!  
  パソコンの方はこちらからどうぞ。 (携帯の方はこちらから)

クリックで応援お願いしますっ。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ