整理整頓が子どもたちに必要な理由は「何が必要か?」と問いかける習慣を身につけるため。

ドイツには
「整理整頓は、人生の半分である」
ということわざがあるそうです。

定期的に整理をする時間をつくらないと、
モノはどんどんと溢れ、
散らかれば散らかるほど、
探しものも見つからず、
整えることも難しくなります。

大切にしていたはずの宝物を
見つけることにも時間がかかりますし、

「ずっと大事にするね!」と誓った贈り物も
他の必要のないものと一緒に、
ホコリをかぶってしまいます。

部屋を整理するときのポイントは
「一度、出すこと」にあるといいます。

整理したい場所を決め、
一度、外に出し、
「必要なものは何か?」と問いかけて、
必要なものを残し、
整理していくそうです。

 

部屋の整理とおなじように、
頭や心の中も定期的な整理が必要

 

頭の中にあるものを、
一度、外に出し、

  • 「必要なものは何か?」
  • 「大切にしたいことは何か?」

と問いかけて、
なりたい自分に向かって、
大切にしたい考え方と行動を
整えていくことが重要です。

 

 

整理整頓の出来ていない工場に、
素晴らしい職人はいません。
ー ヘンリー・フォード

 

 

部屋とおなじように、
心も頭の中も整理する時間をつくりたいもの。

けれど、
子どもたちの身の回りの現状は、

学習塾にサッカー、
ピアノに水泳、
英会話など、
友達と遊ぶ時間をつくることも
「頑張らないと」難しい状況です。

それでは、
頭と心は散らかり放題。

気がついたら、
「ぼくは何をしたいんだろう?」
迷子になってしまう子も
少なくないかもしれません。

 

  • 「私は何がしたいだろう?」
  • 「どんな生き方がしたいだろう?」
  • 「私にとって大切なことは何だろう?」

 

自分の中にある
「大切にしたいこと」や「必要なもの」に
改めて気づくことのできる問いかけ
ぜひ、子どもたちに投げかけ、
自分自身にもしつもんしてみてください。

整理とは、捨てること。

子どもたち選手と一緒に、
心と頭の整理をしましょう。

 

もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon