練習の終わりをイメージして「質」を高めよう。

なんとなく会議に参加すると、
なんとなくの成果しか得られない。

これは、
僕ら大人であれば
誰にでも経験があることかもしれません。

会議中の思考といえば、

「早く終わらないかな」
「今日のお昼は何を食べようかな」
「違う仕事がしたいな」

そんな思いや考えが
頭の中をグルグルぐるぐる。

環境や場の設定という意味では
会議の主催者が参加したくなるよう雰囲気づくりに
エネルギーを注ぐことも重要ですが、

参加者自らが、
主体性を持つこと
も重要です。

これは僕ら大人だけでなく、
子どもたち選手もおなじ。

なんとなく練習に取り組めば、
なんとなくの成果しか得られません。

 
 

「こうなりたい」「こうしたい」という
明確な目標や目的をもっている人のモチベーションは非常に高いし、
エネルギーもものすごく出る。
ー 経沢香保子(実業家)

 
 

では、
どうすれば目の前のことに
やる気を出してくれるのでしょう。

それは、
「なりたい自分」をイメージする時間をつくること

「練習が終わったときにどうなっていたら最高だろう?」

「どんな自分になっていたいだろう?」

「どんな技術を身につけていたいだろう?」

時間にして1分〜2分。

けれど、
効果は抜群です。

練習の終わりをイメージすることで、
なりたい自分を確認することができます。

その上で、

「そのためにできることは何だと思う?」

と問いかければ、
アイデアと行動が生まれ、
練習の質を高めることができます

子どもたち選手に
練習後の「なりたい自分」をイメージするきっかけをつくり、
練習の質を高めましょう。

〇ポイント
・練習の質を高めるためには、終わりをイメージすること
・「目標を立てなさい」ではわからない選手もいる
・終わり(なりたい自分の姿)をイメージできる問いかけをしよう

〇この記事のしつもん
・終わったときにどうなっていたら最高ですか?
・どんな自分になっていたいですか?
・どんな技術を身につけていたいですか?
・そのためにできることは何ですか?

 
 
 
もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon