子どもたちの安心感は「選択肢を奪わない」ことから。

DSC_2683

「今日のご飯、何がいい?」
 
ラーメンにしようかな、
それともあんかけチャーハンかな。
お寿司もいいよなぁ。
 

僕たち大人も子どもたち選手も、
目の前に選択肢があると安心感を抱くものです。
 

反対に、
たとえば洋服を買いに行ったお店で、

「あなたにはこれが絶対、お似合いです!買ったほうが良いですよ!」

と定員さんから言われると、
押し付けられている不安な気持ちを抱きます。
 
 
 
子どもたち選手に安心感を抱いてもらい、
自分の考えや行動を表現してもらうために大切にしたいことは
「選択肢を奪わないこと」

「やってもいいし、やらなくてもいいよ。
 どちらでもいいよ」
 
 
目の前に選択肢があると安心感を抱き、
「やりたい」と感じた選手は行動に移します。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

自分の信じる通りやってごらん。
ー 耳をすませば。映画内より

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「今日のご飯は何がいい?」

「お寿司!」

「お寿司はダメよ」

「じゃあ、ハンバーグ食べに行こう!」

「この前、外食したばかりでしょ」

「んーじゃあラーメンは?」

「ラーメンはあんまり体に良くないからダメ」

「……..」

これであれば、
最初から聞かれないほうが良かった、と
子どもも感じてしまうかもしれません。

選択肢を与えているように見せかけて、
選択肢がない状況はより深刻です。

例えば、職場の上司の方から
「この資料、明日までに完成できる?」と、問いかけられたとします。
 
 
選択肢がある、とは
答えがYESでもNOでも良いということです。

けれど、この場合、
選択肢があるようですが、選択肢はありません。

「いえ、できません」と
答えたらきっと怒られてしまいます。
 
 
主体的な行動は、
安心感からはじまります。

「やってもいいし、やらなくてもいいよ。
 どうしたい?」

選択肢を与えて、
子どもたち選手の行動を引き出しましょう。



もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」