ポルトガル遠征で学んだ3つのこと。

IMG_8928

丸岡RUCKレディースのメンバーとは
ファロ空港でお別れし一人リスボンに残っています。
10代のエネルギーに満ちた賑やかさがなくなり、
心寂しさを感じる中、この遠征を振り返ってみました。
 
 
「世界一になる」

その言葉を胸に、
ポルトガルへと向かいました。

「この大会を終えたときに、
 どんな気持ちになっていたら最高だろう?」
 
「そのために、どうやって過ごそう?」
 
「自分へのメッセージは何だろう?」
  
チームとしてはじめての海外遠征。
緊張とリラックス。
手に入れたい未来といまできること。
オンとオフ。
 

結果は思い通りにはいかず、
選手たちには申し訳ない気持ちでいっぱいですが、
チームとして世界を、
そして一流を体験できたことは
今後に大きな影響と成長をもたらしてくれると思います。
  

IMG_8965
   

そして、
もう1つの目的は国際交流。
 
海外の選手と触れ合い、
交流すること。
 
そして、

日本を知ってもらいたい。
日本に興味を持ってもらいたい。
日本を好きになってもらいたい。
  

IMG_8963
IMG_8964

 
大会中、あるキーワードが
なぜか頭の中をぐるぐるとめぐっていました。
  
 
心の豊かさは
どうやって作られるんだろう?

 
 
もちろん、
人によって心の豊かさの感じ方は違いますが、
この遠征中に僕が感じた、
心の豊かさをつくるものは
  
先に与えること。
応援されるチームであること。
モノより体験を買うこと。

 
です。
 

一流の選手だから
心が豊かになるんではなく、
心が豊かだから一流になれる。

 
素晴らしい選手やチームスタッフの方々に出会い、
この1週間を過ごし、そう感じました。
 

IMG_8923
 

福井の旅館をまわり、
女将さんに20着以上もの浴衣をいただき、
スーツケースに入れてポルトガルへ。
 
たくさんの思いをのせて、
プレゼントした浴衣を
海外の選手たちは本当に喜んでくれました。

翌日、
会場の声が聞こえなくなるくらいの
大きな声で応援してくれました。

「応援してほしい」と伝えるだけでは、
このエネルギーは生まれなかったと思います。

してほしいことは、こちらが先にする。
それも、楽しみながら。

IMG_8876
IMG_8959
  

日々、生活していると
いろんなモノが欲しくなります。
それが10代ならなおさら。

でも、
モノは持ってるとか持ってないとかいう比較が生まれやすいもの。
体験はそうしたものが生まれにくく、自分らしさになるし、

どんなモノを持っているかを
他人と比較し落ち込むことはあるかもしれませんが、
どんな映画を見たかを競ったりはしません。

また、
語学を学ぶことで新たな自分を発見したり、
新しい友人ができたりすれば、
それが自分の糧となって、
モノのように壊れたりなくしたりすることもありません。

モノは手に入れるまでが楽しくて、
手に入れちゃうと
次に欲しいモノに意識が行くけど、
体験はそれを得たあとも幸せになれます。

 
今回は本当に素晴らしい経験をさせて頂きました。
丸岡RUCKレディースの田中監督、五十嵐コーチ、カメラマンの原田さん。
そして、選手たち、保護者のみなさん、福井県のみなさん。
応援してくださっている全国の方々。
本当にありがとうございます。

そして、
フットボールをしていて、スポーツをしていて、
本当によかったと思えた瞬間を何度も感じました。
最高です。

遠征中の心境はトレーニングの内容などは
またご紹介したいと思います!
ありがとうございます!

IMG_8912 IMG_8921 IMG_8875 IMG_8874 10401997_852567034836640_5803640483660811712_n B3EB7DA9-EC3D-424C-94A4-1BB5D416FBAF 11537629_393674620832421_8481513998527826690_o 11046371_853387691421241_8086809894637470232_n 11013330_393674887499061_7732449106437698211_o IMG_8966



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51