こどもが夢に近づく方法。それは【やめる】を身につけること。

こどもを伸ばす【質問】の授業。

やめる。をはじめる。


昨日久々にTVをつけると、
アナザースカイという番組で
ナオトインティライミさんの
世界一周旅行のお話をしていました。
彼の歌声はとてもきれいで、
サッカー好きということもあって、
僕もよく気持ちを盛り上げたい時に
聴いています。
小さい頃から人気者。
大学生時代にメジャーデビュー。
まわりの友人誰もが
憧れる人生を歩んでいました。
しかし、
メジャーデビューしたものの、
CDはまったく売れず、
初めての挫折を経験したそうです。
そんな彼は、
8ヶ月の引きこもり生活に終止符を打つべく、
ギターを持ち、世界一周に旅立ちます。
その後、
世界28カ国を525日間かけてまわり、
帰国した彼は、
Mr.Childrenのライブに参加したことをきっかけに、
瞬く間に大ブレイクしています。
TVもエンディングにさしかかった頃、
世界を旅したことで学んだことはなにか?
という質問がありました。
彼の答え。
それは
「はだかになること」
僕らは自分を大きく見せたいものです。
でも、大きくみせてもそれは虚像。
結局判断されるのは
ほんとうの自分、
等身大の自分です。
海外という言葉を使ったコミュニケーションを
はかることができないなかで、
自分を大きく見せる必要性を感じなくなった
と彼は言いました。
そんなことよりも、
自分らしく、
自分が楽しいと感じていることをし、
まわりの人と関わっていった方が
よっぽど楽しいし、自然体でいられるとも。
はだかになるには、
いろんなことを
やめる必要があります。
やめることは
勇気がいります。
やめることは
はじめることよりも
何倍もエネルギーを使います
人の目を気にすることも
大切かもしれません。
スポーツは競争の世界ですから。
けれど、

【人がやっているからやる】
【不得意でやっていても楽しくないこと】
手放し、
自分らしいと感じることを
選択できるようになると、
毎日が輝きはじめます。
やめるをはじめると
本質が残ります。
こどもたちが
少しでも自分らしく、
生きていける応援を今後もしていきたいと
再認識した時間でした。
>>>  【やめる】を意識していますか?
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ
▽▼facebookやtwitterの投稿はこちらから▽▼