楽天イーグルスに学ぶ心の豊かさのつくり方

いつもお読み頂き、
本当にありがとうございますっ!!
メンタルトレーニングの目的の1つは、
「人間性の向上」
つまり、
子供たち選手の心が豊かになるように
することです。
本日は、
楽天イーグルスに学ぶ心の豊かさのつくり方
についてお伝えしますね。


心の豊かさのつくり方


昨日は
日本シリーズ第2戦。
シーズン無敗の田中将大投手が
素晴らしいピッチングをし、
楽天勝利で1勝1敗。
どっちに転ぶか
今後も見逃せませんねっ。
数時間後、
TBS系列の「情熱大陸」で
楽天イーグルスが
取り上げられていました。
その中で、
嶋選手のインタビューが
とても印象的だったんです。
質問は、
「野球の神様はいると思いますか?」
それに対して、
「いると思う」
と答えています。
そして、
こうも続けていたんです。
「宿舎のお風呂場のサンダルが
 乱れていたら、
 きちんと並べ直したり、
 球場にゴミが落ちていたら
 拾うようにしていた。
 野球の神様は
 そうしたところを見ていると思う。」
バックの整理整頓。
部屋のそうじ。
机やイスをきれいに整える。
身の回りの乱れが
心の乱れにつながり、
試合で実力を発揮出来ない
1つの理由になるかもしれません。
そして、
身の回りをきれいにするだけでなく、
実践したいこと。
それは、
自分が関わってる場所を
きれいに整えること。
レストランや
ショッピングモール。
スタジアムや
練習場。
トイレのサンダルは
自分よりも前に利用した人が原因で、
乱れているかもしれません。
「僕がやったんじゃないし、
 治さなくていいや」
そう思うのは
当たり前かも。
けれど、
日本を代表するトップアスリートである
田中選手や嶋選手は
それでも綺麗にしようと実践しています。
それは、
周りの人が喜ぶ行いを
野球の神様は見ていると
信じているから。
ゴミがない綺麗なスタジアムだと
訪れるお客さんは
気持ちよく観戦できますし、
トイレのスリッパが整っていれば
次に使う人が
気持ちよく利用することができます。



スポーツですから、
勝たないといけないのですが、
勝っても負けても、
やっている人間の心が豊かになることを
第一に考えています
ー森島伸晃(桜井高校野球部監督)



自分の身の回りを
綺麗にすることと同時に、
自分が関わる「場」も
綺麗にすることをはじめましょう。
その先にいる人を
思い浮かべ、
喜ばせてあげることを
はじめましょう。
>>> 心を豊かにするために何ができますか?


お知らせ


 
子どもたち選手の力を引き出す記事を
 お手元にお届けします。
 ご登録は下記からお願いします。ありがとうございます!
 
  パソコンの方は
こちらからどうぞ。 (携帯の方はこちらから)

クリックで応援お願いしますっ。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ