力を抜いて、いまを楽しもう。

IMG_0021 のコピー

アメリカの心理学者ウィリアム・ジェームズは

「楽しいから笑うのではない。
 笑うから楽しいのだ」 
と言っていました。

雨が降っているという事実に対して、
「あ〜最悪だー!」と思う人もいれば、
「心が落ち着く」と思う人もいます。

雨が降っているのは事実ですが、
どう感じるかどうかは人それぞれです。

昨日、お会いした
サッカー少年を持つお母さんも
どんな状況でも
先のことを考えすぎず、

「いまを楽しむことが大切」

と、教えてくれました。

子ども達のサッカーでも
同じことが言えると思います。

思うようにプレーできない。

自分ではコントロールできないことに
対してイライラする。
(仲間のプレーや審判のジャッジなど)

そうした
周りの環境にとらわれてしまうと、
どんどん良くない方向に
流れが傾いてしまいます。

けれど、
その状況を

「最悪だ」と
捉えるのも、

「やばい、楽しい(笑)」
と捉えるのも自分次第。

未来のことや
先のことを考えると
不安が頭をよぎります。

もしかしたら
負けるかもしれない。

このままでは
うまくいかないかも。

けれど、
未来を変えるためには、
「いま」を変える必要があります。

「いま」を
ないがしろにしていては、

「未来」を変えることが
難しくなってしまいます。

サッカーは楽しいものだし、
すべての瞬間を楽しむべきなんだ。
先のことは誰にも分からないのだから、
楽しむことを後回しにする必要なんてない。
– パブロ・アイマール(サッカー選手)

楽しむことができなければ、
いつかサッカーから
心が離れてしまいます。

本当に大事なことは、
その場を楽しむこと。

ウィリアム・ジェームズは
「楽しいから笑うのではない。
 笑うから楽しいのだ」と言っています。

そして、嬉しいことに
「楽しい」は伝染します。

先のことを頭で考えすぎず、
「いま」を楽しむをはじめましょう。



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51

  • (お客様の声/代理投稿)
    いつも楽しく拝読させていただいております。
    子供たちはサッカーを楽しんでいるように思われますが、
    コーチや親は結果にとらわれて、楽しそうに見えません。
    私なんか、週末が近づくと次の試合は取れるのだろうかとドキドキしてしまいます。
    ある意味楽しんでいるのでしょうが。
    横浜FCの最年長Jリーガーは70~80%の一生懸命さでやらないとすぐに壊れてしまうと言っていましたが、肩の力を抜く、抜かせることが大切ですね。と、その時は思うのですが、試合が始まると入れ込んでしまうのです、情けないことに。

  • (お客様の声/代理投稿)
    私はいつもポジティブシンキングをしているつもりですが、子供達には結果を求めていたように思います。

    結果を求めると、本当は好きでバスケをしているのに、負担の方が大きくなっているのかも知れないですね。

    バスケの楽しさを、もっと知ってもらう工夫をしたいと思いました。

    ありがとうございました。

  • (お客様の声/代理投稿)
    今を楽しむですね。
    息子には試合前に「目一杯楽しんでやっておいで」と声かけて送り出しますが、具体的には、言ってやる言葉わからなくて…(笑)
    まだ小学生には、試合で緊張というのが、ないのかあまり硬くなってるようには、見えないんですけど、一応リラックスのために、そういうようにしています。