子どもたち本人の「どうしたい?」がやっぱり大切。

two little girls climbing a rock wall

保護者の方やコーチの方から
たくさんのご相談を頂きます。

「もっとやる気を出してほしい」
「真剣に練習に取り組んでほしい」
「目標を実現してほしい」

子どもたちには
すばらしい可能性がありますし、
特に我が子、我が選手となれば
期待も大きくなりますよね。

適切な期待をかけてあげることで、
選手が伸びることもありますから、
これももちろん大切です。

けれど、
もっと大切なことは、
本人の気持ち。

ある家族と
関わらせて頂いたときのこと。

「プロサッカー選手になりたい」

お父さんが
叶えられなかった夢を
子どもに託し、
期待と思いを
たくさん届けてきました。

本人も両親の期待にこたえ、
地域の選抜選手に選ばれるなど、
その地域では有名な選手へと
成長して行きました。

けれど、
ある時を境に、

「もうサッカーしたくない」
「学校へも行きたくない」

と、口にしだしたんです。

いままで、
お父さんとお母さんの
期待にこたえ続けてきたけれど、
ふっとその糸が切れてしまいました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

本人に闘おうという意志がなければ、
どんなに医者が助けようとしても、
助けられない。
医者ができるのは、
立ち上がろうとしている患者に
手を差し伸べることだけだ。
ー永井明(医龍著者)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

僕ら大人の期待を
しっかりと届けることも大切ですが、
より大切なことは本人の意思。

子どもたち選手本人が
「どうしたいか?」が
とても大切です。

この気持ちを大事にせずに
期待を伝えても、

それはプレッシャーに変わり、
本人もやらされ感を感じ、
いつしかその糸は切れてしまいます。

僕ら大人の役割は、
子どもたち選手が

行きたいところへ
行けるように、
サポートすること。

僕ら大人が
「行かせたいところ」ではなく、

子どもたち本人が
「行きたいところ」であることが
とても大切です。

子どもたち選手と一緒に
行きたいところである
夢や目標を改めて伝え合い、
お互いをサポートし合う
関係性を築きましょう。



もうお試しになりましたか?
child climbing on a wall「しつもんで子どものやる気を引き出す5つのコツ」
メール講座を無料でプレゼントしております。
こちらからどうぞ。
http://shimt.jp/?p=51

  • Guest

    こんばんは。

    思いを伝え、支えてあげることが、大人の役割ですね。

    簡単なようで、簡単じゃない。
    でも、続けていくことが大切。

    ありがとうございます。

  • Guest

    こんばんわ。
    今回のテーマは、とても共感できるものでした。

    大人が陥りやすい問題ですね。。知らず知らずのうちに、子供に過度に期待をかけすぎて
    子どもが苦しくなって、糸が切れる・・・よくある話だと思います。

    私が行った、子育てセミナーの中にも、これと少し似ている内容(同じかな?)がありました。

    それは、子育ての中では、その子にあった、「適切な期待感」ってすごく大事なことだと。

    ハードルが高すぎると、子供にとってはかなり苦しいですよね。。。

    そういうこともあるので、目標 は常に修正したりすることが必要なんだと思います。

    もちろん、子どもと一緒に。

    その際、「どうしたい?」この一言が大事になってくるのですね。。。

    将来、自分のことは、自分で考え、決めていける大人になるためにも、
    親のいいなりではなく、自分で考え、決めさせることは大切だと改めて感じました。

    ありがとうございました。また、次回も楽しみにしています。