• mail
  • facebook
  • しつもんする
    しつもんに答えるだけ

    ノートにはしつもんがたくさん!簡単で楽しいので長続きします。

  • 計画する
    計画する

    練習や試合前に、何に取り組むのかを計画することで、意識が高まります。

  • 振り返る
    振り返る

    終わった後には、振り返ることで、よりよい改善につながります。

  • 仲間と
    仲間と

    しつもんの答えを仲間と伝え合うことで、チームワークが向上します。

しつもんサッカーノートの特長

しつもんサッカーノート

ノートでうまくなる?

“なんとなく”練習や試合に望んでいても、なかなか上達しません。
今日は、これができるようになろう。
今日の試合では、ここをがんばってみよう!
そんな目標をもって望むことが大切です。
そして終わったあとには、やってみてどうだったのか。
次はなにを大切にするのか。
そんなことをしっかりと考えておきたいですね。

しつもんに答えるだけ

練習の様子をノートにつけていく良さは分かっていても、なかなか継続して行うことが難しいようです。
なぜなら、なにを書けばいいか分からなかったり、そもそも楽しくなかったり。
しつもんサッカーノートは、各ページにあるしつもんに答えていくだけ。たったそれだけで、たくさんの成果が楽しく生まれますよ。

しつもんサッカーノート
しつもんサッカーノート

自分と対話する

親や先生、コーチに言われたからやるのではなく、自ら考え行動する習慣をしつもんサッカーノートを通じて養っていきます。 いつも指示や命令を待っているだけではなく、今、なにをすべきかを自ら考え、行動できる選手を育てていきましょう。

みんなでたのしく

しつもんサッカーノートは、チームのみんなで取り組むとより大きな成果を生み出すことができます。
それぞれの強みや魅力が分かったり、
仲間との関わり方が上手になったり、
サッカーだけでなく、学校や社会においても大切なコミュニケーションも一緒に身につけることができるノートです。

しつもんサッカーノート

しつもんサッカーノートで身につくこと

  • 前向き

    考えるチカラ

    子どもは答えを出すときに、想像したり、アイデアを出したり、考えを整理したりと、いろいろな知的な過程をたどります。 問いかけるほど自分で考える力が育ちます。

  • 行動する

    行動するチカラ

    「いつやろうか?」「どこでやろうか?」など、質問を繰り返しながら子どもの答えを掘り下げていくと、抽象的な答えが具体的になります。その結果、自分のやるべきことがはっきりし、行動ヘとつながりやすくなります。

  • やる気がわいてくる

    子どもの出した答えに、あなたが共感したり、ほめたりすることで、子どもは「これでいいんだ」と自信を持てるようになります。
    それがモチベーションとなって、次の行動へとつながっていくのです。

  • かんがえる

    前向きな心

    大量失点で負けた試合の中にも、うまくいったところはあります。けれど、子どもたちはどうしても結果に左右されてしまいがち。そんなときでも、「うまくいったところはどこ?」と問いかけることで、前向きな考え方が育ちます。

  • やるき

    自分が好きになる

    「今日の自分は何点?」コーチや先生に評価されるのではなく、自分で自分を評価することで、誰かと比べるのではなく、自分の成長に目を向けることができるようになります。

  • 毎日の変化

    日常生活にも変化が

    サッカーノートに登場するしつもんは、学校生活や日常生活、そして社会人になっても活用できるものばかり。

たくさんの感謝の声をいただいています。

  • 失敗をおそれなくなりました!

    「このサッカーノートを書くだけで上手くなるらしいよ!」と息子に伝えていましたが、最初は書いたり書かなかったり。けれど、書いている時と書いてない時のプレーや気持ちの変化を感じてくると、進んで書くようになりました。今では私との交換日記のように息子と2人で楽しみながら書いています。
    やはり、きちんと自分でテーマを決めて練習すると、ただ練習をこなすよりも意識するので、たくさん考えながら取り組むことができるようです。また、失敗することも恐れなくなり、いつも良かった部分を自分で見つけるようになるので、どんな出来事にもポジティブに考えられるようになり、図式化することにより、イメージトレーニングがしやすくなるようです。たくさん、自信がついてどんどん色々なことに挑戦して、とても成長しています!
    (保護者さん)

  • 自分の世界が広がったようです。

    メンタルトレーニングなど昭和世代の私にとっては縁のないもので、本当に必要なの?とはじめは思っていました。
    しかし、毎回、ノートと同時にメールマガジンの内容を意識しながら子どもと接することで、トレーニングの後は、いつもよりも自信に満ちた様子の子どもを見て、その大切さを少しずつ実感するようになりました。
    学校と家庭を往復し、週末はサッカーに参加する日々の中で、子どもの接する世界はなかなか広がらず、親の価値観を押しつけがちの毎日。
    ノートを続けて、人との関わり方、物事へ向かう自分の姿勢など、意識して行動することの大切さに気づいてくれたように感じます。
    (保護者さん)

  • 将来の目標がみつかりやすく

    今までは漠然としていた1つの夢があったようななかったような状態で頑張ってスポーツをしていましたが、ノートを続けることで将来の何回かの時期による目標ができたようです。
    中学生までには…高校生では…みたいな、人生の段階に置ける目標ができ、目標に向かって努力がしやすくなった様に感じます。
    また、今まで集団のスポーツは熱くなりやすく、自分中心のプレーが目立ち心配でしたが、周りをみて気を使える気持ちも出てきました。
    (指導者さん)

  • ノートを書くと、点がよくなります!

    たまに、書かない時がありました。そのときは、調子も落としてしまいました。
    しつもんサッカーノートを書くと必ず、自分自身に7点以上をつけることが、分かりました。それなので、いまでは、毎日書いています。じぶんで、テーマや終わってたらどうなっていたら最高か、そのためにできることはなにか、を決めることで、そのことを意識しながら練習や試合をできるので、サッカーにしっかり集中できて凄くいいと思いました。これからも、大人になっても続けていきたいです。
    (子どもさん)

しつもんサッカーノートの紹介

ピッチ編

ピッチ編

B5サイズ62ページ
価格:1080円(込)

ぐんぐん成長する選手とそうでない選手の違いは2つ。

「未来の自分をイメージしているかどうか?」と、「一度、立ち止まる時間をつくっているかどうか?」です。

ただなんとなく練習にのぞんでしまうと、なんとなくしか成長できません。
ピッチ編では練習前や試合前に、「この練習が終わった時にどうなっていたら最高だろう?」、「そして、そのためにできることは何だろう?」と自分自身に問いかけることによって、その姿に近づくための行動を子ども自身から生み出すことができます。

また、練習後や試合後に、「うまくいったところはどこだろう?」、「もうちょっとこうした方がよかったことは何があったかな?」と問いかけることによって、前向きな思考と、自分自身で問題点を見つけ、改善する力を養うことができます。

特に勝った試合ほど、成功するためのヒントがたくさん隠れているのに、ついつい勝った高揚感の余韻に浸り過ぎて、立ち止まる時間を忘れてしまうものです。
「しつもんサッカーノート:ピッチ編」で、未来をイメージし、振り返る時間を作っていきことができます。

中身を見る(クリックで拡大)

オフ・ザ・ピッチ編

オフ・ザ・ピッチ編

B5サイズ64ページ
価格:1080円(込)

サッカーがうまくなるためには、サッカー以外の時間をどう過ごすかがとても大切です。

日常生活の中にはサッカーはもちろん、子どもたちが成長するチャンスがたくさん隠れています。けれど、意識しないとそれらは通り過ぎてしまうんです。

しつもんには無意識を意識化する力があります。

普段何気なく過ごしている日常には、子どもたちが成長するためのヒントがたくさん隠れているので、それらを意識的に見つけ、日々の行動に活かすことで目指したい未来に近づくことができます。

振り返る重要性はわかっていても日記はなかなか続けられないですが、ノートだと気軽に始め、気軽にやめることができます。

中身を見る(クリックで拡大)

体験版を申し込む

お申し込みはこちらから

ピッチ編

オフ・ザ・ピッチ編

【お支払いに関して】
※お支払いは、代引きか、ペイパル(クレジット決済)です。
※代引きの場合、代引き手数料350円が別途加算されます。

【送料について】
※別途、送料500円が加算されます。

【合計金額】
※折り返しのメールにて、合計金額をご案内いたします。

【納期】
※振込確認後(代引きの方は、すぐに)、1週間程度でお届けします。

【キャンセル】
※商品の汚れ、破損などの場合は、交換をさせて頂きますので、返品、返金、キャンセルは一切お受けできません。

よくあるごしつもん

Q:どれくらいのペースでつかうの?

A:ピッチ編は練習や試合の前と後に。オフ・ザ・ピッチ編は毎日書き込むページを用意しています。

Q:どんなことを書けばいいの?

A:「しつもんに答えるだけ」なので「何を書いたらいいのかわからない」という選手に特におすすめです。

Q:書くとどんないいことがあるの?

A:サッカーをする上でも、社会人になってお仕事をする上でも大切になる目標の立て方や、前向きな思考、自分で考え、問題を解決する力を自然と育むことができます。

Q:ひとりでできる?

A:ひとりでももちろんできますよ。

Q:チームで買った方がいい?

A:ひとりでもできますが、チームのみんなと答えを伝え合うとより効果を発揮します。チームメイトの答えから視野を広げたり、新たな視点を身につけることができます。

Q:続きますか?

A:子どもたちが自然と続けることができる工夫をたくさん散りばめています。

Q:ノートに直接書きこんだ方がいいですか?

A:子どもたち選手が困難に直面した時に、過去のノートを振り返ることができます。過去の答えは宝物になるんですね。ちょっと「もったいない」と感じるかもしれませんが、直接書き込んでみて宝を集めてくださいね。

Q:どれくらい使えますか?

A:ピッチ編は1週間に3回、練習や試合があることを想定し1ヶ月分。オフ・ザ・ピッチ編では毎日書き込むスペースをたっぷりとご用意しています!。