コラム

今日、ちょっとだけ世界を広げよう。

毎日違うホテルに宿泊するより、実家に宿泊する方がリラックスできるように、「いつもと違うことをする」には多少なりともストレスがかかります。
けれど、そればかりでは自分の中にある「常識」にどんどんとらわれてしまうかも。その結果、いつの間にか、「あいつが悪い」「それは嫌い」「あの人のせいだ」と、あらゆる物事に対して自分の価値観を押しつけてしまったり、柔軟に対応する力が弱まってしまいます。

コラム

「やること」を明確にするために、目的地と現在地をはっきりさせよう。

遊園地に遊びに行きジェットコースターや観覧車といった乗りたいものの目的が決まったら、いま、自分がいる場所である現在地を把握していないと、どのようにして目的地まで向かったらいいのか迷ってしまいます。

いま、自分はどこにいて、
どこに向かいたいのか。

現在地と目的地の輪郭がくっきりしてくると、
進むべき一歩もはっきりします。