子どものパフォーマンスを引き出すリラックス法

小学生からのメンタルトレーニング

子どものパフォーマンスを引き出すリラックス法



ラジオに出演する。
そう考えるともの最初はものすごく緊張しました。
けれど、面白いモノで「緊張するなっ!」と
考えれば考えるほど、緊張している自分を
感じる
んですよね(笑)
緊張感は成功したい!
という意欲と責任感の裏返し。
ですのでしっかりとその緊張を味わうことも
すごく大切だと思っています。
けれど、その心の緊張の状態が、
身体に伝染するのは避けたいところ。
緊張とリラックスは
人の自律神経系の働きに深く関わっていて、
緊張すると交感神経が強く働き、
リラックスすると副交感神経が
強く働くといわれています。
なので、緊張が悪い!
ということではないですし、
本来持っているパフォーマンスを
最大限に発揮するためには、
完全にリラックスした状態がいいかと言われると
そうではないんですよね。
適度に緊張もリラックスもしている状態が
もっとも実力を発揮できる!と言われています。
そこで、いつも子ども達に伝えていて、
僕がラジオ出演前に実践した
リラックス方法を簡単にお伝えしますね。

その① 深呼吸する。


誰でも知ってるリラックス方法ですが効果覿面!
まずは今ある緊張感を息にのせて一気に吐き出します
そして、「自分ならできる」という前向きな思考を
息にのせて吸い込む

こうしてゆっくりと深呼吸をすることで、
だんだんと心が落ち着いてくることを
実感することができます。

その② グッパーリラックス


これは僕が勝手につけた名前ですが、
身体全体に力を入れて意図的に力んだ状態を作り(グッ)
しばらく保持し、
そこから一気に脱力する(パー)ことを繰り返すことで、
全身のリラクセーションをはかります。
(ジェイコブソン博士が開発した筋弛緩法)

その③ セルフマッサージ

緊張すると交感神経が働き、
手足の先まで血液がまわりにくくなってしまいます。
そうすると心の余裕もなくなり、
すばやい伝達が行われなくなっちゃう。
普段は歩いてちょっとつまづいても
体制を整えることができるのに、
悩み事があったり、過度に緊張していると、
反応が遅れて簡単にドテン!
と転んでしまうことってありますよね(笑)
ですので、手足をマッサージして
血液の流れをよくしてあげると、
カラダの緊張がゆるんでいきます。

その④ 笑顔

なでしこジャパンのグラウンドへの入場を
見た事はありますか?
入場シーンの彼女達の表情はとても印象的です。
ものすごく緊張しているときって
笑うことができないんですよ。
緊張したときの笑顔を想像してみて下さい。
すごくひきつってますよね(笑)?
ですので、意識的に笑顔をつくることで、
リラックスの方向へ心の状態を傾けることができます。
1998年ワールドカップのとき、
シュートを外し、それでも笑っていた城選手が
マスコミから大バッシングを受けましたが、
それには理由があったんですよね。
他にも「音楽を味方につける」や
「順序(ルーティーン)をつくる」など、
人それぞれ、リラックスする方法はたくさんあります。
そして、最後は昨日お伝えした
「うまくやろうとしない。」です。
緊張する舞台。
そこで大切なことは、
まずは自分の心の状態を感じてみる。
そして自分に問いかけてみる。
「僕はどうしたいんだろう?」
「これが終わった時にどうなっていたいんだろう?」
「緊張とリラックスの間を意識するために、できることは何だろう?」
緊張をなくす。
のではなく、
緊張とリラックスをコントロールして、
自分が出来る最大限のパフォーマンスを発揮しましょう。
>>>どのようにして子どもの緊張をゆるめたいですか?


■これからのイベントのお知らせ

【お申し込みは本日まで!】
魔法の質問キッズインストラクター養成講座(新宿)

10月6・13日 (2日間。両日 10:00~18:30)
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=142614
しつもんメンタルトレーニング(渋谷)
10月14日( sun /14:00~16:30)
http://shimt.jp/event/1014
しつもんメンタルトレーニング お茶会
10月開催予定
魔法の質問キッズインストラクター養成講座(ロンドン)
11月10・11日(両日 10:00~18:30)
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=142616