奥にあるほんとうの答えを引き出そう。

小学生からのメンタルトレーニング

奥にある答えを引き出そう


子ども達が練習に取り組む前にする質問は
いつも決めています。
「練習が終わった時にどうなっていたら最高だと思う?」
こう問いかける事で、
改めて練習する目的を確認することができ、
なんとなくやっている

目的をもってやっている
に意識を転換することができます。
しかし、
「楽しかったらいいと思う」
「いまよりうまくなっていたらいい」
といったように、
なかには具体的に答えを出す事ができない
子どももたくさんいます。
そんな子にはぜひ、
たとえば?」と問いかけてあげてください。

「楽しかったらいいと思う」
「いいね!じゃあ、
 たとえば、どんなことがあったら楽しいって感じる?」

「いまよりうまくなっていたらいい」
「いいね!
 たとえば、どんなことがうまくなったら嬉しい?」
答えがぼんやりとしていると、
ぼんやりとした成果しか生まれません。
「今年はエベレストか、富士山か、
うーん、まぁどっかの山に登れればいいかな。」
と思っている人は
たぶん山に登る可能性は低いです(笑)
「コミュニケーションが良くなったらいいな」
と思っている人は、
それなりにしか良くなりません(笑)
成長のスピードは子どもそれぞれ。
この子はもうちょっと具体的にしてあげると
伸びるんじゃないか。
とビビビと来た子どもには
ぜひ「たとえば?」と問いかけてみてください。
答えを具体的にすることで、
表面的な答えの先にある
欲しい結果
を手に入れましょう。
>>> ゴールを具体的に決めていますか?


お知らせ


 プレゼントつきメールマガジンのご登録はこちらから。 
メルマガでしか言えないことも綴っております♪ 
パソコンの方は
こちらからどうぞ。 (携帯の方はこちらから)

クリックで応援お願いしますっ。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ