子どもたちの学びは「基礎から積み上げる」のではなく「基礎に戻っていく」ことで活性化する。

●ご質問
成長したいという思いを強く思ってほしいのですが、
どうしたらよいでしょうか?
 
●どんな状態を望みますか?
一人ひとりが自己を成長させ、
チームの力も高め、目的に向けて協力している状態。
 
今回は学校の先生からのご質問です。
 
子どもたち自身から
 
「もっと知りたい」
「成長したい」
「うまくなりたい」
 
という気持ちがうまれてくれば、
自然と自分で目標をつくり、
そこに向かって歩んでいく自律も育っていくと思います。
 
けれど、
この「成長したい」という思いを持ってもらうのは、
簡単ではなく、悩むことのひとつかもしれません。
 
 
 

楽しませることが大前提のスクールコーチ時代

 
 
僕の子どもたちへの指導の出発点は、
「少年団」ではなく「スクール」でしたので、
「楽しませること」がとても重要でした。
 
 
 
理由としましては、
子どもたちに楽しんでもらえないと、
保護者のみなさんから
「つまらなそう」という烙印をおされてしまい、
子どもと一緒に退会してしまうからです。
 
ですので、
 
  • 「つまらない」
  • 「やる気が出ない」
 
という表現が出てこないよう、
 
 
  • 「どうすれば楽しくできるだろう?」
  • 「どうすればやる気になってくれるだろう?」
 
という問いを
当時から無意識で持っていたと思います。
 
 
といっても、
この問いを抱いたのはコーチ時代の終盤からで、
失敗談は著書にたくさん書きましたし、
「楽しんでもらう」ではなく「楽しませる」といった
表現なのも、当時の僕にはぴったりなのです。
 
 
 

基礎へ戻っていく学びをつくる

 
 
一般的には、
学習は基礎から積み上げるものだと
考えている方も多いかと思います。
 
 
 
もし、子どもたちに体育の授業で
サッカーの「ボールを止める」という技術を
教えることになったら、
準備運動を除くと、下記のような方法をとりませんか?
(僕はこうしていました)
 
 
例えば「基礎から積み上げる方法」です。
 

・スピードの遅いボールを止める練習
 ↓
・スピードの速いボールを止める練習
 ↓
・多様なボールの止め方の練習
 ↓
・動きながらボールを止める練習
 ↓
・ゲーム(試合)
 
 
 
 
一方で、
学習とは子どもたちの
”「もっと知りたい!」「もっと上手くなりたい!」
ということから起こる”という視点からいくと、
反対側からアプローチした方が効果的です。
 
 
「基礎に戻っていく方法」です。
 
 

・ゲーム(遊び)
 ↓
・「楽しい!もっとうまくなりたい!」
 ↓
・「自分に必要なことは何だろう?」
 ↓
・「ボールを思った通りに止めることだ!」
 ↓
・ボールを止める練習
 ↓

・(略)

 

 
 
 

週末の試合を活かして成長する

 
 
スポーツ少年団であれば、
週末に試合があることも多いですから、
試合からの学びを振り返り、
短所を克服し、
長所をさらに伸ばすサイクルができます。
 
 

・先週末の試合
 ↓
・学びを振り返る
 ↓
 ↓・どうだった?
 ↓・うまくいったことは何があった?
 ↓・うまくいかなかったことは何があった?
 ↓
・より良くするにはどうしたらいいだろう?
 ↓
・「●●の練習が必要だ!」
 ↓
・練習に取り組む
 ↓
・週末の試合を迎える
 ↓

・学びを振り返る

 
 
 
 
学校での教科を受け持ったことがないので、
教室でどのようなアプローチができるかはわからないのですが、
メンタルトレーニングの授業ではこのような方法をとっています。
 
 

・チームの目的に合わせてテーマを与える
(例:五輪には魔物が住んでいる)
 ↓
・選手が問いを立てる時間をつくる
 ↓
 ↓・魔物の正体ってなに? 
 ↓・五輪にしか住んでいないの?
 ↓・五輪とワールドカップの違いって何?
 ↓
・3〜5人のグループで「答えたい問い」を絞る
 ↓
・問いの答えを探す時間をつくる
 ↓
 ↓・インターネットで探す
 ↓・知ってそうな人に聞いてみる 
 ↓・図書室から探す
 ↓

・グループごとに「問い」と「答え」を発表する
 ↓
・練習に要素を組む込む

 
 
 
選手たちと目的について、
対話を重ねてきていることが前提ですが、
 
こちらから
テーマを提示することによって、
目的を見失わずに済みます。
 
また、
グループごとに発表することで、
チーム力も高まることが期待されます。
 
 
そして、
しつもんをつくる(問いを立てる)ことは、
子どもたちが自ら「知りたい!」と自主的に答えを
探し始めるきっかけとなります。
 
 
 
 
 
いかがでしたでしょうか?
 
「もっと知りたい」
「成長したい」
「うまくなりたい」
 
という思いは、
 
「認めてもらうこと」
「将来の自分に役立ちそうなこと」
「みんながやってること」
「勝ちたいから」
 
など、
他のきっかけから生まれることもありますが、
今回は僕たちがまずできるアプローチを
ご紹介しました!
 
 
 
 
無料で5日間のメール講座を受講できます。
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
 
5shitsumon