沖縄のおじぃに学ぶ、集中する力。


小学生からのメンタルトレーニング
■ 三線は湿度が大事。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
子どもたち選手が
力を発揮するために大切なこと。
それは、
「コントロールできること」
に集中すること。
グラウンドの状況。
大会当日の天候。
対戦相手チームの状態。
審判のジャッジ。
天候も審判のジャッジも
自分ではコントロールすることが
できません。
子どもたち選手がもっている実力を
最大限に発揮するためには
「何に集中するか」
を考えることが
すごく大切ですよね。
三線は湿度の関係で
音の善し悪しが決まる。
湿度が高いと音が悪い。
逆に晴れて乾燥していると
音にハリがでるんです。
でも、大切なことは
どんな環境でも、その中で
どれだけ最高の演奏ができるかなんですよ。
昨夜にお邪魔した居酒屋さんで
三線引きの沖縄のおじぃが
教えてくれました。
僕ら大人も
ついつい外側の環境に
フォーカスしてしまいがち。
上司がもっとこうしてくれれば・・・。
部下がやる気がなくて・・・。
雨が降らなければ・・・。
でも大切なことは、
自分がコントロールできることに
集中すること。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自分でコントロールできないことを
排除して、できることに集中するんだ。
– カール・ルイス (陸上金メダリスト)
                            ■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コントロールできること。
コントロールできないこと。
自分の行動は?
他人の行動は?
天候は?
審判のジャッジは?
コントロールできることと
できないことを整理して、
「できる」ことに集中しましょう。
>>> コントロールできる・できないを整理していますか?



お知らせ 

 
子どもの力を引き出す記事をあなたの手元にお届けします。
メールマガジンのご登録はこちら。
  https://www.mshonin.com/form/?id=320926441


クリックで応援お願いしますっ。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ