選手によってチャレンジのレベルを変えよう!

いつもお読み頂き、
本当にありがとうございます!!


■  選手にあったチャレンジのレベルを
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



4泊5日「アドベンチャー」を
テーマにした研修に参加してきました。


イギリス発祥のこの冒険教育において
もっとも大切にしていることがあります。


それは、

「チャレンジのレベルを
 自分で決めること」



たとえば、
命綱をつけて、
高い所から飛び降りる
という活動があります。


チームで考えてみると、
「全員飛び降りよう!」と
目標を立ててしまいがちですが、

高い所が得意な人もいれば、
苦手な人もいます。


苦手な人からしてみれば、
飛び降りることができなくても、
そこに登るだけで大チャレンジ!!


けれど、
得意な人からしてみれば
飛び降りること自体は
大したチャレンジではないので、
「目をつむって降りてみる」
「より高いところから降りる」
というようにチャレンジのレベルを
あげるわけです。


この「チャレンジ」を
自分で決めることが大切です。


僕ら大人は子どもたち選手に
ついついおなじレベル