あなたの問いかけ、「命令質問」になっていませんか?

 
 
 
意図を持って子どもたちに「問いかける」ことで
選手の考えや力を引き出すことができます。
 
 
一方で、
質問に命令を潜ませ、
選手達のやる気を奪ってしまうこともあります。
 
 
例えば、
お仕事で考えてみましょう。
 
 
退社時間の1分前。
お仕事を終えて、
退社しようとしていたあなたのもとへ、
上司が側までやってきて、
 
「これ、明日までにできる?」
 
と、問いかけます。
 
 
純粋に、
質問に答えるだけならば、
 
「はい、いますぐやりますね!」
 
と答えることもできますし、
 
「いえ、ちょっと今日は予定があるので、
 いますぐ退社します」
 
と答えることもできます。
 
 
 
けれど、
多くの場合において、
実際には「はい」としか答えることが
できないものです。
 
 
 
この上司からの質問は、
「はい」か「いいえ」で答えられるような質問に見えますが、
実際には「はい」と答えさせることを前提としており、
質問に見せかけた「命令」(命令質問)です。
 
 
 
 
 
 
人の育て方に迷ったときは、自分に質問するといい。
「この体験を通じて、相手は何を学ぶだろうか?」と。
そうすれば、必ず答えが見つかるだろう。
ーアルフレッド・アドラー
 
 
 
 
 
結果が出ない子どもたち。
しびれを切らした少年団の担当のコーチは
こう問いかけたそうです。
 
 
「みんなで楽しくやりたいのか?
 それとも、努力して優勝を目指すのとどっちがいいんだ?」
 
 
 
「僕はみんなが好きだし、楽しいのがいい!」
 
と、男の子が思い切って伝えると、
 
 
「そんなんじゃダメだ!
 努力してやるから楽しいんだ!」
 
と、一喝されてしまったそうです。
 
 
子どもたちは渋々コーチの考えを受け入れましたが、
練習態度がその言葉だけで変わるとは思えません。
 
案の定、
練習時の態度や雰囲気は以前のまま。
 
 
するとコーチは
 
「お前達が
 努力して1位を目指すのがいいと言ったじゃないか?
 嘘だったのか?」
 
と声を荒げていたそうです。
 
 
 
「みんなで楽しくやりたいのか?
 それとも、努力して優勝を目指すのとどっちがいいんだ?」
 
 
これは、
 
A:みんなで楽しくやる
B:努力して優勝を目指す
 
という2つの選択肢があるように見えて、
「B」しか選ぶことができません。
 
 
これらを
「命令質問」と呼びます。
 
 
しつもんで大切なことは、
相手の選択肢を奪わないこと。
 
 
 
けれど、お仕事やサッカーコーチの例は、
僕たちの身の回りでも起こりえることですよね。
 
 
お母さん「今日はラーメンとハンバーグ
     どっちがいい?」
 
子ども 「ハンバーグ!!!」
 
お母さん「えー、ハンバーグめんどくさいな」
 
子ども 「え…」
 
 
 
僕たちの心の状態が満たされていないと、
とくに「選択肢」を奪ってしまいがちです。
 
 
どっちを選んでもいいよ。
 
 
しつもんをするときは、
相手の選択肢を奪わず、
答えを受け止める姿勢をつくりましょう。
 
 
◎この記事のポイント
・しつもんは選択肢を奪わないことが大切
・質問に見せかけた「命令質問」に要注意
 
 
 
 
 
メールで「しつもん」を学びませんか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon