慌てる子どもたちにどんな言葉をかけると、 いつも通りの気持ちに落ち着きますか?

 
ご質問

「試合が競った時、慌てる子どもたちに、
どんな言葉をかけるといつも通りの気持ちに落ち着きますか?
やる気を失わず、集中できる状態になったらと思うのですが。」
 
 
試合終盤まで競い合った状態になると、
選手の中には、浮き足立ち、慌ててしまったり、
いつものパフォーマンスが発揮できないばかりか、
「もうダメかも」と途中で諦めてしまうこともありますよね。
 
 
では、日常生活やスポーツにおいて、
「慌ててしまう」のはどんなときでしょう?
 
 
・人前で話をするとき?
・飛行機のフライトが急に決行になったとき?
・前半早々、失点してしまったとき?
 
 
人それぞれ、
慌ててしまう状況は違うかもしれませんが、
共通点があるとすれば「思ってもみなかったこと」
 
すなわち、「想定外」というキーワードです。
 
 
手元にある辞書にも、
 
「慌てるとは、
 思いがけないことに出くわして
 落ち着きを失うこと」
 
とあります。
 
 
ですので、
「慌てない」ためには、いかに「想定外をなくしておくか」
ということがポイントになります。
 
 
 
 
たびたび生死の境を切り抜けてきたベテランの隊長は、
平素の訓練では若いパイロットの操縦技術には及ばないが、
ピンチに際して、その何倍かの腕前を発揮する。
それは慌てないからである。
(源田実/パイロット)
 
 
 
 
質問者の方からは
「どんな言葉をかけたらいいか?」という
ご相談ですが、
 
チーム(や家族)としていかに、
あらゆる試合展開を想定し、
トレーニングしてきたかによって
選手にかけられる言葉が変わってきます。
 
 
いえ、むしろ、
「どんな言葉をかけるかどうか」よりも、
「想定外を想定内にする準備をいかにしてきたか」
ということが重要です。
 
 
 
では、
まずできることは何があるでしょう。
 
 
想定外を想定内にする「準備」として、
 
「もし、○○になったら、どうする?」
 
と、
子どもたち選手と一緒に考えてみてください。
 
 
「もし、残り5分で1−1で試合展開が拮抗していたらどうする?」
 
「もし、試合開始1分で選手が一人退場になったらどうする?」
 
「もし、キャプテンが事故で試合に出られなかったらどうする?」
 
「もし、○○がユニフォームを忘れちゃったらどうする?」
 
「もし、いつも使ってるバットが折れちゃったらどうする?」
.
.
.
 
 
そして、その後に、
 
「そうならないために、どんな準備をする?」
 
「もし、そうなったら、どうする?」
 
と問いかけ、
トレーニングでできる準備と
いざ、そうなった場合の対処法を

みんなで考えてみましょう。

(ゲーム感覚で行うとたくさん出てきますよ)

 
 
準備とは、
あらゆるネガティブな不安要素について、
一つひとつイメージを働かせ、
不安を消していく作業です。
 
 
イチロー選手の言葉をお借りするなら、
「準備とは、言い訳を排除すること」
 
 
もちろん、
いくらイメージしたと思っても、
僕らには想像し得なかった「想定外」のことは起こります
 
 
僕自身もある強豪女子フットサルチームと
全国大会に臨んだ際に、
試合序盤で「0−3」と点差を離され、
手も足も出せずにそのまま敗退してしまった
苦い過去があります。
 
準備を怠ってしまったのです。
 
 
ご紹介したしつもんは、
大きな大会の1ヶ月前など、
準備の時間をしっかりと持てるときが
とても効果的です。
 
「こうなったらいやだな」と感じる状況を
スタッフやチームメイトとみんなで書き出しておけば、
いざ、その場面に出くわしたときには、
用意しておいた効果的な言葉がかけられると思いますよ。
 
 
 
◎この記事のポイント
・想像し得なかった状態になると人は慌ててしまう
・慌てないためには、あらゆる想定外をイメージすること
・「こうなったらいやだな」と感じる不安な状況を書き出す
・不安な状況に対する行動を予め考えておく
 
 
◎この記事のしつもん
・もし、○○になったらどうする?
・そうならないために、どんな準備をする?
・もし、そうなったら、どうする?
・どんな想定外がありますか?
・どうやって想定内にしますか?
 
 
 
 
無料で5日間のメール講座を受講できます。
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
 
5shitsumon