保護中: 【30DSP】レッスン20:安心して学べる環境をつくりだす(PART4:物理的な快適さ)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

  • Tsutomu Sugiyama

    講座の参加者がストレスが少ない環境で講座受講できるのことが大切です。
    そのために必要なことは何かを考えて設定していきます。

  • 細川 さいこ

    人との距離、パーソナルスペースの確保、大切にしたいと思います。

  • 梅垣穂高

    清潔感、トイレ、休憩エリア、照明の明るさ、屋外の場合は天候の変化に対応できるかどうかなども気にしておきたい。
    環境についても参加者に事前にアナウンスができるといいかも。こんな場所ですとか、こんな準備はしておいたほうがいいとか。
    自分が参加者の立場で気持ち良く参加できそうかどうかを下見するのも大切かな。

  • 前田公海子

    部屋の広さの確認を大切にしたいと思います。また、お客様が快適に過ごすことができる温度に配慮し、自分は調整を考えた服装を考えたいと思います。