保護中: 【30DSP】レッスン12:はじまりと終わりをデザインする(間違った思い込みに気づく)

このコンテンツはパスワードで保護されています。閲覧するには以下にパスワードを入力してください。

  • 細川 さいこ

    緊張状態をやわらげるには笑いの生まれるアイスブレイクを前に持ってくる。
    ○○ちゃんと呼んでくださいね、せーの、○○ちゃーん。と呼ぶ練習をする。

  • Tsutomu Sugiyama

    講師紹介の前に自分たちの自己紹介をすることで、呼ばれたいニックネーム等を入れながら進めることで緊張をほぐしていき講師紹介へ進めていきます。

  • 梅垣穂高

    講座・セミナーやトレーニングがはじまるまでの時間をうまく使えるといいかも。
    例えば詳しい自己紹介はスクリーンに映しておくこともできるし、チラシで配布もできる。開始までに参加者にちょっとした声掛けをするのもいい。
    会場で笑顔で迎えてもらうだけでも少し安心するのでそれもやれるといい。
    自分の自己紹介はシンプルにして参加者同士の自己紹介の時間を早く作る。

  • Takao Hasekura

    講師紹介は事前の案内などに盛り込んでおくなどして、講座が始まる前にある程度周知できるようにしておく。
    講座の開始時にアイスブレイクを入れる。

  • Tomoko Kurihara

    講師の事は、申し込みの段階で参加者に伝わるように工夫しておきます。
    参加者同士が呼ばれたいニックネーム等を伝え合って、自己紹介できる場面を早くつくりたいです。

  • Maki Uemura

    受講者が主役と言うことを頭におき、自己紹介を手短に 受講者同士の話す時間を早めに作る
    共通の話題になりそうで簡単に答えられることを自己紹介に入れて答えてもらう。(例えば、保護者対象なら 子どもの数や性別だったり、自分が何人兄弟なのかとか)
    肘の内側に自立神経を整えるツボがあるので、講座がスタートする前に 触って温めてもらう
    空調も 整えたり、初対面の方同士で近過ぎない椅子の配置など 工夫してみる

  • 前田公海子

    講座に来てくださる方を迎える際にアロマや音楽を流しておく。
    まず、座席決めるためのゲームをする。
    座席が決まったところで講師の自己紹介でも良いのかも。