イチロー選手に学ぶ、とんでもないところに行き着くたった1つの方法。


小学生からのメンタルトレーニング
アメリカのミュージシャン
ジミヘンドリクスは言いました。
人間はその日を摘むこと、
日々を楽しむことしかできないんだ。
というよりも、それしかないんだよ。
なぜなら、なぜなら、人間はいつか死ぬからだ。
子どもたち選手も、
僕ら大人も、
未来や過去に想いを馳せてしまうと、
どんどん悩みや不安が
大きくなってしまいます。
「昔はできたのに」
「わたしが小さい頃は・・・」
「もっとこうなれたら」
「ほんとはこうなりたいのに」
大切なこと。
それは、
「いま」を感じ、
目一杯楽しむこと。
いまの積み重ねこそが、
大きな未来をつくってくれます。
NHKのテレビ小説「あまちゃん」の
ヒロイン・あきも
「東京に帰ってからどうするか。」
ではなく、
「北三陸でしかできないこと、
 みれないこと、毎日を楽しもう」
と言っていますし、
そして、
今日、日米通算4000本安打を達成した
NYヤンキースのイチロー選手も
「小さいことを重ねることが
 とんでもないところに行くただ一つの道だ」
そして、
達成時には
「4000を打つには、3999本が必要なわけで、
 僕にとっては、4000本目のヒットも、
 それ以外のヒットも、
 同じように大切なものであると言えます」
と言っています。
「こうなりたい!!」
を決めたら大切なことは、
「いま」を目一杯楽しみ、積み重ねること。
未来から逆算して、
「いま」をどう楽しみ、行動し、
1日1日積み重ねていくか、
がとても大切です。
いきなりプロ野球選手になれることも
なければ、
いきなりゴールを決めれるように
なることもありません。
いきなり金賞を取ることも
なければ、
いきなり1km泳げるように
なることもありません。
いきなりは、
不自然。
子どもたち選手と
いまを楽しみ、積み重ねましょう。
>>> 1日を大切にしていますか?


お知らせ 

 
子どもたち選手の力を引き出す記事を
 お手元にお届けします。
 ご登録は下記からお願いします。ありがとうございます!
 
  パソコンの方は
こちらからどうぞ。 (携帯の方はこちらから)

クリックで応援お願いしますっ。
にほんブログ村 サッカーブログ サッカーコーチ・技術へ