灯台のように「人が集まる」チームを目指そう

子どもたちが

「ずっとこのチームでいたい!」

そう言ってもらえるようなチームはどんなチームだろう?

どうやってそのチームを築き、
どのようにして維持するのだろう?

子どもたちが、
もっとも成長する瞬間は

「やらなきゃ」ではなく、
「やりたい」が生まれたとき。

練習しなきゃではなく、練習したい。

勉強しなきゃではなく、勉強したい。

努力しなきゃではなく、努力したい。

そうした思いが生まれたとき、
子どもたちは没頭し、夢中になって学びを深めます。

そう考えてみると、
子どもたちの成長のために僕ら大人ができる最初の一歩は、
「やらなきゃ」を「やりたい」に思ってもらえるような
環境を作ることかもしれません。

 
 


世界で一番働きたいと思う組織の設計を、
あなたが求められたと想像してみよう。

その組織は、
有能な人材を引きつけて留まらせる
灯台のようなところだろう。

つまり、
社員と会社そのものから、
常に一番良いところを引き出す場となる組織だ。
(ロブ・ゴーフィー、ガレス・ジョーンズ/DREAM WORKPLACE)

 
 

子どもたちが

「ずっとこのチームにいたい」
「ずっとこの塾で学びたい」
「ずっとここで演奏したい」

そう言ってもらえるような組織をどうやってつくろう。

子どもたち同様、
「つくらなきゃ」という思いでは良いアイデアは生まれず、
反対に身体が緊張してしまうかもしれません。

「つくらなきゃ」ではなく「つくりたい」

子どもたちがその場を離れるときに
「楽しかった!早くまたやりたい!」
そういってもらえるような組織作りを目指したい。

〇ポイント
・「やらなきゃ」では成長のスピードは遅くなる
・「やりたい」が成長のスピードを速める
・「やりたい」を生む環境をつくろう
・灯台のような人が集まる組織を目指そう

〇この記事のしつもん

・「ずっとこのチームでいたい!」と言われるようなチームはどんなチームだろう?
・どうすればそうしたチームを作れるだろう?
・どうすれば維持できるだろう?
・あなたの「世界で一番」は何ですか?

 
 
 
もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon

  • (お客様の声/代理投稿)

    ・「ずっとこのチームでいたい!」と
    言われるようなチームはどんなチームだろう?
    成長できると思えるチーム
    仲間と一緒にいて楽しいチーム

    ・どうすればそうしたチームを作れるだろう?
    成長を記録するようなメニューをいれる。
    月1でリフティングの回数を記録する等…
    個人の成長には皆に発表し、皆で拍手を送る。