お互いに違う意見があるからこそ「話し合う」

コミュニケーションは、
お互いの頭の中を交換することに似ています。

おなじ物事を見たり、
体験したとしても、
感じ方や捉え方が1人ひとり違うもの。

だからこそ、

「どんなことを感じた?」
「なにを考えてる?」
「どう思った?」

と、お互いの頭の中にあるものを交換するために、
「言葉」などを通じてコミュニケーションをするわけです。
 
 
けれど、これが
お互いに考えていることが全く一緒であれば、
多くのコミュニケーションは必要ではなくなり、
話し合う必要もありません

ですので、
話し合うということは、
お互いの「意見が違うこと」を大前提としています。

 
 

読むことは人を豊かにし、
話し合うことは人を機敏にし、
書くことは人を確かにする。
– フランシスコ・ベーコン

 
 

けれど、僕ら大人も子どもたち選手も
自分と違った考えの人をなかなか認めることが苦手です。

「僕は違うと思うなぁ」と聞くと、
否定されてしまったような悲しさを感じることもありますし、
批判された!と反発する人もいるかもしれません。

ですので、
話し合うときは

・人それぞれ考え方は違うもの
・お互いの考えに耳を傾ける
・批判ではなく尊重する

などのルールを大切にすることが重要です。

チームのメンバーで話し合うことは
メンバー同士のつながりを豊かにしてくれますし、

お互いの違いを確かめ合うことで、
違いの中から自分を発見することもできます

「あなたはどう思う?」

子どもたちを交えた話し合いも、
僕ら大人だけの話し合いも、
「考え方は人それぞれ違うもの」という大前提を大切にしましょう。

 
 
◎ポイント

・考え方は人それぞれ違う
・お互いの考えに耳を傾け合う
・違いの中から自分を発見することができる

 
 
 
もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon