トップ> コラム> 子どもの成長を助ける「フィードバック」をしよう。

子どもの成長を助ける「フィードバック」をしよう。

子どもたち選手の
練習や活動の取り組みを振り返り、
成長を後押ししてくれるのが「フィードバック」

フィードバックとは、
行動に対して具体的に注目し、
僕らが感じたことや考えていることを、
相手の心に届く形で伝えること。

単に「良かったよ」と伝えるだけでなく、
具体的にどんなところが良かったのかを伝えてあげることで、
次の行動が明確になります。

また、
フィードバックの目的は、

子どもたち選手の「もっと上手くなりたい」という気持ちを刺激し、
成長のサポートとなり、パフォーマンス向上の手助けになること。

ですので、
「あれが悪かった。ここを治しなさい」と批判ばかりを伝えていては、
「もう練習したくない」と、行動の源となるやる気を奪ってしまいます

 
 

シミュレーションとフィードバックなしには
上達は見込めない。
– アンダース・エリクソン(心理学者)

 
 

子どもたちに対して、
「フィードバックの質」を高める第一歩は、
3つの質問にあらかじめ答えておくこと
です。

「この時間が終わったときに、子どもたちにどうなって欲しいだろう?」
 
「もっとも伝えたいことは何だろう?」

「伝えなくてもいいことは何だろう?」

練習中や授業中、
子どもたちに伝えたいことは多岐に渡ります。

僕ら大人は、
子どもたちよりも一歩まえに進み、
たくさんの経験を積んでいる分、

あれも伝えたい、
これも伝えたい
と思うものですし、

ひどいときには当初の目的を忘れ、
あれもこれも、とフィードバックしっ放しということも少なくありません。
(フィードバックばっくならまだしも批判しっぱなしというコトも。)

けれど、
僕らが思いつくままにフィードバックをしていては、

子どもたち自身も
本来の目的を見失ってしまいますし、
集中力も途切れてしまいます。

今日の時間は、
「集中」について考える時間にしよう。

そう決めたら、
そのことだけに意識を向け、
フィードバックの焦点を向けましょう

学びの途中の選手たちですから、
気になることはたくさんあるかもしれません。

言葉づかいや、
練習の取り組み方、
技術的に劣ることなどが
パッと目についても、
グッとこらえ、
集中にだけ意識を向け、フィードバックをする。

そうすることで、
時間の質も高まりますし、
集中についてしっかりと向き合い、考えることができます。

子どもたち選手に
効果的なフィードバックをすることで、
成長をサポートしましょう。

◎ポイント

練習など、何かに取り組む前に3つの質問に答えておきましょう。

「この時間が終わったときに、子どもたちにどうなって欲しいだろう?」
「もっとも伝えたいことは何だろう?」
「伝えなくてもいいことは何だろう?」

 
 
 
もうお試しになりましたか?
>>> いますぐ無料メール講座に申し込む
5shitsumon

2017.01.08
いいな!と思ったらシェアしてもらえると嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 1 follow us in feedly
  • LINEで送る
★ メルマガ好評配信中 ★
名 
メールアドレス
都道府県
メール形式 PC・スマートフォン
携帯電話

  • ニュース
  • コラム
  • お客様の声
  • レポート
  • おすすめ商品
  • 研修・講演

インストラクター養成講座

なりたい自分になる

オンラインストア

作戦会議

MIZUNO ZONE LAB

サカイク掲載記事まとめ

★ facebook ★
★ Twitter ★